バナナフィッシュアニメ18話ネタバレ感想!アッシュ日本へ馳せる思い

スポンサーリンク







アニメ「BANANA FISH」のあらすじ(完全ネタバレ注意)と感想をまとめているシリーズ、今回は第18話です。

前回のあらすじは次の通り。

国立精神衛生センターから脱出したアッシュは英二と再会し、マックス達はバナナフィッシュ計画を暴いたスクープを打ち出す準備に追われていました。

ところがある時からアッシュは、誰かにつけ狙われていることに気づきます。ただ、いつもと違うのはその相手をアッシュが見つけられないこと。不安に駆られるアッシュでしたが、バナナフィッシュ計画の関係者である上院議員キッパードに真実を聞こうとしたその時、まだ見ぬ相手にその獲物を仕留められてしまいます。

アッシュの目の前でキッパードを一撃で仕留めた相手、それは他でもないアッシュに戦い方を教えた男、ブランカだったのです。ブランカが、ゴルツィネ、月龍と手を組み狙うのは・・?

そして今回の第18話『海流のなかの島々』に続きます。

それでは、”バナナフィッシュアニメ18話ネタバレ感想!アッシュ日本へ馳せる思い”と題し、第18話『海流のなかの島々』のあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

【BANANAFISH】アニメ第18話『海流のなかの島々』ネタバレ|登場人物

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


主な登場人物
icon-check-circle アッシュ・リンクス (声優:内田雄馬)
本作の主人公。ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪に緑の瞳、美しい容姿にIQ180以上、ナイフや拳銃の腕前も人並み外れたカリスマ性のある18歳。
icon-check-circle 奥田英二 (声優:野島健児)
カメラマンである伊部の助手としてニューヨークにやってきた日本人大学生。純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面も。アッシュより2つ年上。
icon-check-circle マックス・ロボ(声優:平田広明)
元アメリカ陸軍軍人、後にニューヨーク市警の警官を経てジャーナリストとなる。
icon-check-circle ディノ・F・ゴルツィネ(声優:石塚運昇)
アッシュを拾い育てたマフィアのボス。アッシュを寵愛している。
icon-check-circle シン・スウ・リン(声優:千葉翔也)
ショーター率いるチャイナタウンのギャンググループの1人。ショーターが抜けた後次期ボスとなった。
icon-check-circle ユーシス/李月龍 [リー・ユエルン](声優:福山潤)
チャイニーズマフィア・李家の七男。アッシュと英二に対し嫉妬と憎しみの入り混じった感情を抱く。
icon-check-circle ブランカ(声優:森川智之)
今回初登場、謎の殺し屋。

【BANANAFISH】アニメ第18話『海流のなかの島々』ネタバレ|あらすじ

朝、低血圧のアッシュが英二に叩き起こされ遅い朝食を済ませた昼下がり、マックスと伊部が英二のいるマンションを訪れます。ようやく英二と再会し安心する伊部と、無茶を謝罪する英二。二人をその場に残し外出したアッシュとマックスは、陸軍大佐のホルストックが事故死したという報道を耳にします。

アッシュは確信します。ホルストックはキッパードを暗殺した殺し屋にやられたのだ、と。

マックスと共にその殺し屋がいたビルの一室へ行くアッシュでしたが、そこで見覚えのある一冊の本をみつけます。部屋の一角に、不自然に置かれた一冊の本。

タイトルは、 ISLANDS IN THE STREAM ”海流のなかの島々”

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュに生き抜く術、戦い方、知識、あらゆることを叩き込んだ男。その男が昔「成長したら読め」と言っていたヘミングウェイの一冊でした。アッシュは呻くように、その名を口にします。

ブランカ・・・!

 

その日の夕暮れ時、アッシュたちのマンションの向かいのビルには、ゴルツィネとブランカ、そして月龍の姿がありました。ブランカによりアジトは暴かれていたのです。

アッシュの方も、もはや逃げることはできないと悟っていました。カーテンを開け自分の姿を晒し、撃ち込んでくる相手を見定めようとするアッシュでしたが、銃の標的は別のところにありました。アッシュの背後のドアを開け、コーヒーを持ってきた英二。彼に向けて銃が撃ち込まれたのです。

英二が狙われた・・!青ざめるアッシュのスマホに着信が入ります。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

やあ、子猫ちゃん。大きくなったなぁ。

それは呑気な、聞き覚えのあるブランカの声でした。毒づくアッシュは、電話を代わった月龍に交渉の場に就くよう言われます。英二への襲撃は、拒否を許さないというけん制でもありました。

 

唯一、アッシュが絶対叶わないと言い切るブランカに、最も大切な英二を狙われてしまった事実。アッシュは途方に暮れながらも英二の体を案じ、彼の傍にいました。英二はおもむろにこんなことを言い出します。

アッシュ、日本に来ないか?

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

何もかも終わったら、銃を持たずに暮らせる日本へ。八百万の神がいるという英二の故郷、出雲。アッシュは伏し目がちに言いました。

行ってみたいな・・。

 

英二の寝顔を見ながらアッシュは強く思います。

許さない
お前を傷つけるやつは絶対
たとえ誰だろうと
誰にもお前を傷つけさせたりしない

翌朝、発熱した英二を気遣いながら、アッシュはマックスと会うと嘘をつき交渉の場へ向かいます。しかし英二は気づいていました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

僕にはわかる
君が嘘をついていることを
嘘をつくとき君はひどく穏やかになる

それでも彼を止めることはできない。英二はただ無事を祈るしかありませんでした。

 

そして交渉の場、8番埠頭の12番倉庫。
ゴルツィネ、ブランカと共に姿を現した月龍は、突然英二の安全と引き換えに「自分の頭を銃で撃ってみろ」とアッシュを試します。

ところが何の躊躇いもなく引き金に指をかけ、あろうことか「弾が入ってない。よこせ。」と催促するアッシュ。月龍は何故英二のためにそこまでできるのだと感情的になりますが、ブランカにたしなめられ、改めて交渉の内容を提示します。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

48時間以内にバナナフィッシュの全ての情報を提出し、ドースン博士を引き渡すこと。
そして
アッシュはゴルツィネの元へ戻ること
以上を受け入れない場合、英二の命はない

それはアッシュが全てを失うような条件でした。バナナフィッシュの情報を回収しマックスたちの信頼を失い、兄の復讐もバナナフィッシュの真実を追うことも出来なくなること、それらを英二と天秤にかけたのです。しかしアッシュはすぐにそれを受け入れます。「わかったよ」という簡潔な言葉に、月龍が動揺する程に。

アッシュは腹の虫が収まらない、とブランカに「一発殴らせろ」と戦いを挑みます。当然全く歯が立たず、心臓付近の急所を打たれ倒れたアッシュに、ブランカは言葉をかけます。

うさぎと山猫は所詮友達にはなれない。

ブランカはアッシュが裏社会でしか生きられないと言います。この世界で、ただ一つのことさえ望まなければ、富も権力も手に入れられる才能がある、だからゴルツィネの元へ戻れ、と。

ゴルツィネの元では偽物しか手に入らない。そのうえで自分に与えられた役を演じることはできない、そんなアッシュは幸せそうな笑みを浮かべてこう言います。

余計なお世話だぜ。俺は今幸福なんだ。
この世に少なくともただ一人だけは、何の見返りもなく俺を気にかけてくれる人間がいるんだ。

もうこれ以上ないくらい、俺は幸福でたまらないんだ。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

そしてアッシュはブランカに懇願します。英二を殺さないでくれ、と。ブランカは衝撃を受けますが、その願いは当然聞き入れられるものではありませんでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

こうして48時間以内というリミットはカウントダウンを始めます。

アッシュはドースン博士をさらい、マックスに銃を突きつけバナナフィッシュの関係書類を回収すると、ゴルツィネの元へ引き渡されることになりました。ブランカや月龍の前で車に乗せられるアッシュ。

降りしきる雨の中、その翡翠の瞳は虚ろにどこか遠くを見つめたまま、車はゆっくりとゴルツィネの屋敷へと走り出すのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

【BANANAFISH】アニメ第18話『海流のなかの島々』ネタバレ|感想

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

冒頭、アッシュの寝起きの悪さは、ある意味普通の世界では生きていけないことの表現の一つなんですかね。天才というのは大きく何かが欠落していたり、一般的に常識とされていることが意外に出来なかったりするようですから。アッシュの場合、裏社会で必要とされる能力がたまたま天才的に優れていたってことなんでしょう。

そういう意味でブランカは能力的にアッシュと似ているのかもしれませんね。過去にアッシュはブランカに救われたことが多く、自分の今を支えているのもブランカの与えてくれた豊富な知識が大きいのです。だからこそ「ゴルツィネの元にいる方がアッシュのため」というブランカに、アッシュは失望さえ覚えたんじゃないでしょうか。

でも、英二との友情にどれだけアッシュが救われているか・・「たまらなく幸せなんだ」という言葉と表情がとても感動的で、ホント、アニメにしてくれてありがとうって思いました。原作よりちょっと端折り出した感はあるんだけど、流れ的には許容範囲です。封●演義に比べれば!(しつこい)

アッシュの日本への想いもね、最初「日本に来ないか?」と言われて「なんで?」ってなるかと思ったら結構前向きで「行ってみたい」って言うとこがすごく好きなんですよ。「◯◯したい」ってアッシュが言うことって、あんまりない気がして。日本のことを考えてくれるだけで嬉しいよ、アッシュ!ってひとりキュンキュンしておりました。めでたい奴・・。

ということで、今回第18話『海流のなかの島々』のネタバレ感想「バナナフィッシュアニメ18話ネタバレ感想!アッシュ日本へ馳せる思い」はここまでです。

次回は第19話『氷の宮殿』です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください