バナナフィッシュアニメ20話ネタバレ感想!英二初陣・アッシュの援護

スポンサーリンク







アニメ「BANANA FISH」のあらすじ(完全ネタバレ注意)と感想をまとめているシリーズ、今回は第20話です。

前回のあらすじは次の通り。

英二の命と引き換えに自らの自由を手放したアッシュは、ゴルツィネの「バナナフィッシュ計画」を持ち前の頭脳を使って推し進める役目を果たしていました。阻止したかった最悪のシナリオを自分が演じなくてはいけないジレンマ、そしてゴルツィネが想定していた以上の結果を出してしまう自分の能力に、アッシュは吐き気を感じる程の嫌悪感を抱いていました。次第に心は病んでいき、拒食症に陥るアッシュ。しかしゴルツィネは追い打ちをかけるように、アッシュを心身共に自分のものにするために養子縁組することを決めてしまいます。一方英二はアッシュを救い出すため、シンやケインと協力して、アッシュの養子縁組を発表するパーティに忍び込む手筈を整えていました。

いよいよパーティが始まるその日、アッシュは車椅子で現れます。これから起こる激しい戦いを知ることもなく・・。

そして今回の第20話『征服されざる人々』に続きます。

それでは、”バナナフィッシュアニメ20話ネタバレ感想!英二初陣・アッシュの援護”と題し、第20話『征服されざる人々』のあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

【BANANAFISH】アニメ第20話『征服されざる人々』ネタバレ|登場人物

 

View this post on Instagram

 

Banana Fish(バナナフィッシュ)さん(@banana.fishtv)がシェアした投稿

主な登場人物
icon-check-circle アッシュ・リンクス (声優:内田雄馬)
本作の主人公。ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪に緑の瞳、美しい容姿にIQ180以上、ナイフや拳銃の腕前も人並み外れたカリスマ性のある18歳。
icon-check-circle 奥田英二 (声優:野島健児)
カメラマンである伊部の助手としてニューヨークにやってきた日本人大学生。純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面も。アッシュより2つ年上。
icon-check-circle ディノ・F・ゴルツィネ(声優:石塚運昇)
アッシュを拾い育てたマフィアのボス。アッシュを寵愛している。
icon-check-circle シン・スウ・リン(声優:千葉翔也)
ショーター率いるチャイナタウンのギャンググループの1人。ショーターが抜けた後次期ボスとなった。
icon-check-circle ユーシス/李月龍 [リー・ユエルン](声優:福山潤)
チャイニーズマフィア・李家の七男。アッシュと英二に対し嫉妬と憎しみの入り混じった感情を抱く。
icon-check-circle ブランカ(声優:森川智之)
アッシュに戦闘技術を教えた家庭教師のひとり。元スペツナスの特殊工作員で本名はセルゲイ・ヴァリシコフといったが、妻の死後はその名も国も捨てて殺し屋となった。その後カリブで隠遁生活を送っていたが、ゴルツィネの元に呼ばれたことをきっかけに現在は月龍と契約している。
アレックス(声優:石谷春貴)
アッシュ率いるストリートギャングのナンバーツー。ブロンドの髪に灰色の目、冷静で的確な判断ができるがカッとなりやすいところも。
コング(声優:鷲見昂大)
大柄で短髪、褐色の肌を持つアッシュの子分。頭は良くないが気が良く、ボーンズと一緒にいることが多い。
ボーンズ(声優:丹羽正人)
小柄で背が低く、白い肌に赤い髪を持つアッシュの子分。寝起きの悪いアッシュを起こして前歯を折られたことがある。
ケイン・ブラッド(声優:三宅健太)
ストリートギャングの中でも黒人で形成されたグループ「ブラックサバス」のボス。
ラオ・イェン・タイ(声優:斉藤壮馬)
チャイナタウンのストリートギャングの1人。シンのことを気にかけている。

【BANANAFISH】アニメ第20話『征服されざる人々』ネタバレ|あらすじ

ゴルツィネの脱税問題にケリがついたことを祝うパーティは、その晩華やかな顔ぶれの中で盛況を見せていました。

月龍とブランカは、ゴルツィネとアッシュの元へ赴き挨拶を交わします。一時的に視力を奪われたアッシュは車椅子に乗せられていました。

ブランカはアッシュの車椅子を押す役を買って出てしばらくパーティ会場を回っていました。
一方、会場にボーイとして忍び込んだ英二やボーンズ。彼らはブランカの存在を知りませんでしたが、ブランカの方は英二に気づきそっとアッシュに耳打ちします。

爪と牙はまだしっかりしてるな?
私は月龍氏と契約した。

それだけでアッシュには意味が分かりました。瞳にはみるみるうちに生気が宿り、驚いたような顔でブランカを見上げるのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

次の瞬間、シンの率いる武装集団が会場を襲います。銃撃戦のなか、月龍はそこでゴルツィネに銃口を向ける英二を目にします。英二を殺すよう命令する月龍に、ブランカは「私の仕事はあなたの命を守ること」とこれを拒否します。しかも、なかなか引き金を引けない英二に「撃て!」と指示をしたのがシンとわかり、月龍は更にショックを受けます。

ゴルツィネの至近距離にもかかわらず、英二の撃った弾は肩をかすめた程度。しかし、何とかアッシュを救出することに成功した一行はすぐに退散します。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

一行が逃げ込んだのは閉鎖された地下鉄の駅の中。

ここは危険だ。すぐに出た方がいい。

アッシュはそう言いますが、少し休めというシンや英二たちに従ってしばらく体を休ませ食を取ることにします。シンとケインに「ありがとう」と素直に礼を言うアッシュに、薄気味悪いと毒を吐くケイン。心も体もボロボロだったアッシュは、この瞬間安堵と共にいつものピリピリした警戒心が少し緩んでいたのです。

シンもこの状況に安堵し自分の側近のラオと言葉を交わします。李家、そしてコルシカマフィアを敵に回し後戻りできないところまで来てしまったものの、ストリートギャングをまとめることができるのはアッシュだけなのだと説くシン。しかしラオは不満でした。アッシュはあくまでもショーターの仇と認識する彼には、シンの気持ちを理解できずにいたのです。

その頃アッシュは英二が温めた缶詰のスープを胃に流し込み、自由を得た安堵感と覚えのある日常の味に幸せを噛み締めていました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

ここは危険だ。本能がそう告げているのにアッシュは解放された心地よさに身を委ね、英二のそばで眠りに落ちてしまいます。

しかし、ブランカはあっという間にモグラの巣を探し当てます。正気を取り戻したアッシュはすぐに危険を察知しその場を離れようと指示を出しますが、対処が遅れたせいで形勢は不利になっていました。自分が敵を引き付けるというアッシュを突き飛ばし、自らを囮にすべく駆け出す英二。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

ケインは、英二を止めようとするアッシュのみぞおちに一発食らわせるとその場を離れ、安静にさせようと試みますが、結局暴れまくる猛獣を押さえておくことはできませんでした。

アッシュは月龍に見つかるよう、表通りを走って敵をおびき寄せます。行き着いた先は自然史博物館。袋の鼠だと言う月龍に、ブランカは警鐘を鳴らします。

こうなると彼は少々手ごわいですよ。

電気系統を遮断し、博物館に立てこもるアッシュ。窓から銃撃をされた月龍を守りながらブランカは言います。

時間稼ぎですね。わざと目立つ振る舞いをして注意を全て自分に引き付けたいのです。
つまり、あなたのお嫌いな奥村英二はまだ地下にいる、ということです。

そんなに英二が大事か!?とカッとなった月龍は部隊を館内へ突撃させます。しかし、ブランカの反対を押し切ったこの判断は、すぐに誤りだったことが分かります。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュは暗闇での戦闘に慣れている。博物館の展示物と暗闇の中、次々と仲間が倒されていくうち部隊はパニックを起こしたのです。

騒然とする中、月龍の元にケインの手下が車で乗り込み銃撃戦を仕掛けました。アッシュは壁際に隠れた月龍の背後から忍び寄り、人質に取ります。これでアッシュの計画通りに事は進んだかと思いきや、そこに捕らえられた英二達が捕虜となって引き出されました。

アッシュはケインを引き揚げさせると、ブランカに交渉する気があるなら来いと告げ、月龍を博物館内へ連れ込みます。

ブランカは英二達を伴い館内へ入ります。すると、英二の肩に手を回したブランカがこう言いました。

肩の傷はもういいの?すまないことをしたね。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

この一言で英二は、ブランカが自分を狙撃し、アッシュはそのせいで不安に苛まれていたことを理解したのでした。

海洋生物の間で、アッシュは月龍と捕虜になった英二達を交換したいとブランカに交渉します。虫のいい話だというブランカでしたが、月龍に最上の苦痛を与えると脅しをかけられ条件を呑みます。

スリーカウントで人質解放・捕虜解放、それと同時にアッシュとブランカは一撃ずつ見舞って。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

ケガもなく解放された月龍でしたが、アッシュから受けた屈辱的な仕打ちに怒りをたぎらせます。

この街にサソリを放ってやる。
見ているがいい。この借りは必ず返す。

【BANANAFISH】アニメ第20話『征服されざる人々』ネタバレ|感想

この番組はあと4回で終わってしまうので、色んな場面がカットされてしまっていますが、ブランカは幼い頃のアッシュが唯一心を開きかけた人でもあります。

かつてマービンがアッシュをいたぶっていることを察知してさりげなく守ってくれたり、生き延びるための技術や知識を教える一方で文学にも通じていたり、他の家庭教師よりも雑談を交わしながら色々な見地を教えてくれたのもブランカでした。

ブランカはアッシュの成長を感じることにひそやかな喜びを感じながら、彼の幸せを願っているのは事実だと思うんですよ。一見一貫性のないブランカの姿勢も、そういう意味なら理解できるんですよね。

なんか、ブランカと英二のツーショットは、息子に初めてできた友達の子をねぎらう母親みたいだった(笑)いい子でしょ?英二って。お母さん、安心してください!みたいな。

心身共に壊れかけていたアッシュが英二と二人きりになった時、初めて甘えたような穏やかな一面を見せたのも嬉しかった・・でもこれはアッシュの弱点となる一面でもあり、複雑でもあります。

1回1回が濃密になっていく後半。しっかり堪能していきましょう。ううう・・あと4回かぁ・・。

ということで、今回第20話『征服されざる人々』のネタバレ感想「バナナフィッシュアニメ20話ネタバレ感想!英二初陣・アッシュの援護」はここまでです。

次回は第21話『敗れざる者』です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください