バナナフィッシュアニメ21話ネタバレ感想!強敵・堀内賢雄大佐現る!

スポンサーリンク







アニメ「BANANA FISH」のあらすじ(完全ネタバレ注意)と感想をまとめているシリーズ、今回は第21話です。

前回は、ゴルツィネに囚われたアッシュを英二達が救出する話でした。

英二は守られる立場から、自分が囮の役を自ら買って出るなど無茶なことをしながら精一杯自分なりにアッシュを守ろうとします。

結局は月龍の手下に捕らえられ捕虜となってしまった英二でしたが、月龍を人質に取ったアッシュはブランカと取引きを成立させることができました。

そして今回の第21話『敗れざる者』に続きます。

それでは、”バナナフィッシュアニメ21話ネタバレ感想!強敵・堀内賢雄大佐現る!”と題し、第21話『敗れざる者』のあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

【BANANAFISH】アニメ第21話『敗れざる者』ネタバレ|登場人物

 

View this post on Instagram

 

Banana Fish(バナナフィッシュ)さん(@banana.fishtv)がシェアした投稿

主な登場人物
icon-check-circle アッシュ・リンクス (声優:内田雄馬)
本作の主人公。ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪に緑の瞳、美しい容姿にIQ180以上、ナイフや拳銃の腕前も人並み外れたカリスマ性のある18歳。
icon-check-circle 奥田英二 (声優:野島健児)
カメラマンである伊部の助手としてニューヨークにやってきた日本人大学生。純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面も。アッシュより2つ年上。
icon-check-circle ジェシカ・ランディ(声優:深見梨加)
マックスの元妻。雑誌記者で気丈な女性。マックスとの離婚後マイケルを一人で育てている。
icon-check-circle スティーブ・ロバート(声優:稲田徹)
マックスの古くからの知人でニューズウィーク誌の記者。マックスとバナナフィッシュの真相を探っている。
ケイン・ブラッド(声優:三宅健太)
ストリートギャングの中でも黒人で形成されたグループ「ブラックサバス」のボス。
icon-check-circle ディノ・F・ゴルツィネ(声優:石塚運昇)
アッシュを拾い育てたマフィアのボス。アッシュを寵愛している。
icon-check-circle シン・スウ・リン(声優:千葉翔也)
ショーター率いるチャイナタウンのギャンググループの1人。ショーターが抜けた後次期ボスとなった。
ラオ・イェン・タイ(声優:斉藤壮馬)
シンの腹心で異母兄。ショーターの親友でもあり、アッシュを仇と思っている。
icon-check-circle ユーシス/李月龍 [リー・ユエルン](声優:福山潤)
チャイニーズマフィア・李家の七男。アッシュと英二に対し嫉妬と憎しみの入り混じった感情を抱く。
icon-check-circle ブランカ(声優:森川智之)
アッシュに戦闘技術を教えた家庭教師のひとり。元スペツナスの特殊工作員で本名はセルゲイ・ヴァリシコフといったが、妻の死後はその名も国も捨てて殺し屋となった。現在はカリブで隠遁生活を送っている。
アレックス(声優:石谷春貴)
アッシュ率いるストリートギャングのナンバーツー。ブロンドの髪に灰色の目、冷静で的確な判断ができるがカッとなりやすいところも。
コング(声優:鷲見昂大)
大柄で短髪、褐色の肌を持つアッシュの子分。頭は良くないが気が良く、ボーンズと一緒にいることが多い。
ボーンズ(声優:丹羽正人)
小柄で背が低く、白い肌に赤い髪を持つアッシュの子分。寝起きの悪いアッシュを起こして前歯を折られたことがある。
ケイン・ブラッド(声優:三宅健太)
ストリートギャングの中でも黒人で形成されたグループ「ブラックサバス」のボス。
エドアルド・L・フォックス(声優:堀内賢雄 )
元フランス軍外人部隊の指揮官。公式では死亡したことになっている。

【BANANAFISH】アニメ第21話『敗れざる者』ネタバレ|あらすじ

無事アッシュを救出した英二たちは平穏な朝を迎えていました。しかし、そこに現れたのは傷ついたシン。アッシュ奪還のために力を尽くしたシンの仲間たちは、自分たちの長でもある月龍に反逆者として捕らわれてしまったのです。

自分が仲間を巻き込んでしまった。
自分を責め、単身で月龍の元に乗り込もうとするシンをアッシュは止めます。

力を貸すから。
お前には何度も助けられたからな。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

まずは自分の身体を休めることにしたシンはアッシュの協力のもと、仲間の奪還に向かうことにします。

しかしそうしているうちに月龍は、人質どころか同じ中国人であるシンの仲間をあっさりと殺して反逆の罪を償わせます。そしてシンの腹心であるラオに、ある話を持ちかけました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

実はラオはシンの異母兄でした。月龍と違って、異母兄弟といえど弟のシンをいつも気にかけているような、そんな兄でした。

しかしショーターの親友でもあったラオは、親友を手にかけたアッシュ、そしてシンが彼に傾倒していくのを快く思っていません。そこを月龍は利用しようとしていました。

血の絆に何より苦しめられたあなたが、血の絆によって人を陥れるのですか。

ブランカの問いに激昂する月龍。彼のやり場のない怒り、憎しみは、権力によって歯止めが効かなくなっていました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

まもなくシンの仲間たちの居場所を突き止めたアッシュとケインたちは、すぐにその場へ乗り込みます。

あっという間にラオたちを奪還することには成功しますが、逆にアッシュは不審に思います。何もかも簡単すぎる・・。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュの勘は当たっていました。

月龍は、ビルの監視カメラを通して、ラオを奪還するアッシュの様子をゴルツィネと一人の男に見せていました。「フォックス大佐」と呼ばれた左頬に大きな傷のある男、それは新たにゴルツィネに雇われた殺し屋でした。

一方、アッシュは以前アジトにしていたマンションに戻って調べ物をしていました。

そこに現れたマックスは、アッシュの元気な姿を見て安心します。

アッシュたちはそのうちここに戻ってくる、そう信じて隣の部屋を借り、見張っていたのです。アッシュの力を借り、ゴルツィネの悪事を暴くために。

以前、追い込まれていたとはいえ裏切るような真似をしてしまったアッシュは、マックスとロバートに協力します。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

マックスが追っていたのは、ゴルツィネの闇のビジネスでもある子供を売り買いする場の仲介業でした。

かつてその被害者でもあったアッシュは、子供の調達係である通称”フロッグ”のことをマックスに教えます。

フロッグはゴルツィネの経営するゲイクラブで、政府高官や社会的地位の高い者を相手に商売をしていました。

そこでゴルツィネは保険として証拠写真を撮るよう指示していたのですが、フロッグはこれを勝手に使い小遣い稼ぎをしていたのです。

アッシュとマックスはゲイクラブへカップルを装い潜入しますが、そこでアッシュは左頬に傷のある男に声をかけられます。

ナンパと思い断るアッシュ。しかしその異様な雰囲気はアッシュの記憶に焼き付けられるのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

しばらくしてクラブに現れたフロッグから、小遣い稼ぎに使っていた証拠写真を回収するアッシュとマックス。

中には幼少期に彼から酷い目に合わされたアッシュの写真もありました。

記事にするなら、世間では死んだとされている自分の写真を使えというアッシュでしたが、マックスはその場で証拠写真を燃やして見せるのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

もう忘れろ。
思い出すな!
こういうものに、もうお前は支配される必要はないんだ。

 

翌朝、アッシュがアジトに戻ると、ケインの仲間が次々と身元不明のスーツを着た白人たちに襲われているという報告が入ってきました。

現場へ行くとそこで襲われたアッシュたちは、銃撃戦の末相手の身元が元傭兵部隊であることを割り出します。そしてその頭が、先日クラブで声をかけてきたフォックス大佐であることも・・。

アッシュはマックスとロバートも狙われていることを察知し、すぐに自分たちと共に敵の攻撃を回避するよう勧めます。

そしてマックスの元嫁・ジェシカにも護衛をつけることにしたのですが、またも夫婦喧嘩が勃発。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

マイケルはどうしたんだ?!子供をおっぽってきたのか?!

姉のところよ。連れてくる方がよっぽど危ないわ!

ふたりは自分たちの凄まじい口論が、未来ある若者に妙な偏見を埋えつけてしまっていることに気づかずに・・。

 

その晩、アッシュはプロのフォックス大佐がどう攻めて来るのかを分析するものの、考えられるパターンがありすぎて途方に暮れていました。

時間は迫っていました。焦るアッシュに休憩をさせ、たわいもない会話からアッシュの答えを導き出す英二。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

そしてアッシュはケインやマックスなど戦闘能力の高いグループと、英二やジェシカなど戦闘力の低いメンツにシン率いる中国人のメンバーを加えたグループにに分け、別行動をとる作戦を取ります。前者は応戦しながら後者とは反対の方向へ行き、敵をダウンタウンにおびき寄せるという計画でした。

しかし、マックスの部隊が敵の手に落ち、ジェシカはマックスが心配で引き返してしまうなど計画にはなかったことが次々起こり、月龍にそそのかされたラオも不穏な動きを見せます。

マックスの部隊を捕虜にしたフォックス大佐はアッシュに投降を呼びかけます。これに応じたアッシュに、フォックス大佐は勝ち誇ったように笑みを浮かべるのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

【BANANAFISH】アニメ第21話『敗れざる者』ネタバレ|感想

 

View this post on Instagram

 

Banana Fish(バナナフィッシュ)さん(@banana.fishtv)がシェアした投稿

月龍はホント最近ヒステリー気味ですね(笑)

ブランカ兄さん、カリブの魚料理を振る舞ってやってください。敵増やし過ぎて自分を追いやっていることに気づいていないのが辛い。

そして今回は強敵、フォックス大佐の登場がありましたが、堀内賢雄さんとは。もう、ナレーションでもお馴染みの方なので、冷酷な感じがむしろ出ていてよかったかも。全体的にこの作品はキャストいいですよね。ラオだけちょっと??て感じですけど、これは斉藤壮馬さんのせいではなく、設定のわりにラオが老けた顔してるのが原因なので(笑)

ともあれ、あと残り3話ですけど巻きが入ってますね~。違う意味でドキドキします。

ということで、今回第21話『敗れざる者』のネタバレ感想「バナナフィッシュアニメ21話ネタバレ感想!強敵・堀内賢雄大佐現る!」はここまでです。

次回は第22話『死の床に横たわりて』です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください