バナナフィッシュアニメ最終回ネタバレ感想!英二の手紙全文と終焉

スポンサーリンク







アニメ「BANANA FISH」のあらすじ(完全ネタバレ注意)と感想をまとめているシリーズ、今回は第24話・最終回です。

前回はシンの手下に撃たれた英二が病院に運ばれ、アッシュはひどく取り乱します。しかしフォックスの戦闘集団に連れ去られた仲間を助けるために、アッシュとシン、ケインの共同グループは国立精神医療センターへ向かわなければなりませんでした。プロを敵に回すことになり分が悪いこの一戦、ブランカは月龍との契約を切りアッシュに加勢することにし、アッシュもこれを受け入れるのでした。

手始めにアッシュはゴルツィネをおびき出し人質にすると、医療センターに捕らわれている仲間と引き換えにするようフォックスに迫ります。しかしフォックスが手にした銃は、自分の雇い主であるゴルツィネに向かって火を噴いたのです・・。

バナナフィッシュタイトル

バナナフィッシュアニメ23話ネタバレ感想!月龍とブランカの過去

2018年12月15日

そして今回の第24話最終回『ライ麦畑でつかまえて』に続きます。

それでは、”バナナフィッシュアニメ最終回ネタバレ感想!英二の手紙全文と終焉”と題し、第24話最終回『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

【BANANAFISH】アニメ第24話最終回『ライ麦畑でつかまえて』ネタバレ|登場人物

 

View this post on Instagram

 

Banana Fish(バナナフィッシュ)さん(@banana.fishtv)がシェアした投稿

主な登場人物
icon-check-circle アッシュ・リンクス (声優:内田雄馬)
本作の主人公。ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪に緑の瞳、美しい容姿にIQ180以上、ナイフや拳銃の腕前も人並み外れたカリスマ性のある19歳。
icon-check-circle 奥田英二 (声優:野島健児)
カメラマンである伊部の助手としてニューヨークにやってきた日本人大学生。純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面も。アッシュより2つ年上。
icon-check-circle マックス・ロボ(声優:平田広明)
元アメリカ陸軍軍人、後にニューヨーク市警の警官を経てジャーナリストとなる。
icon-check-circle ディノ・F・ゴルツィネ(声優:石塚運昇)
アッシュを拾い育てたマフィアのボス。アッシュを寵愛している。
icon-check-circle シン・スウ・リン(声優:千葉翔也)
ショーター率いるチャイナタウンのギャンググループの1人。ショーターが抜けた後次期ボスとなった。
icon-check-circle ユーシス/李月龍 [リー・ユエルン](声優:福山潤)
チャイニーズマフィア・李家の七男。アッシュと英二に対し嫉妬と憎しみの入り混じった感情を抱く。
icon-check-circle ブランカ(声優:森川智之)
アッシュに戦闘技術を教えた家庭教師のひとり。元スペツナスの特殊工作員で本名はセルゲイ・ヴァリシコフといったが、妻の死後はその名も国も捨てて殺し屋となった。現在はカリブで隠遁生活を送っている。
アレックス(声優:石谷春貴)
アッシュ率いるストリートギャングのナンバーツー。ブロンドの髪に灰色の目、冷静で的確な判断ができるがカッとなりやすいところも。
コング(声優:鷲見昂大)
大柄で短髪、褐色の肌を持つアッシュの子分。頭は良くないが気が良く、ボーンズと一緒にいることが多い。
ボーンズ(声優:丹羽正人)
小柄で背が低く、白い肌に赤い髪を持つアッシュの子分。寝起きの悪いアッシュを起こして前歯を折られたことがある。
ケイン・ブラッド(声優:三宅健太)
ストリートギャングの中でも黒人で形成されたグループ「ブラックサバス」のボス。
エドアルド・L・フォックス(声優:堀内賢雄 )
元フランス軍外人部隊の指揮官。公式では死亡したことになっている。

【BANANAFISH】アニメ第24話最終回『ライ麦畑でつかまえて』ネタバレ|あらすじ

 

View this post on Instagram

 

Banana Fish(バナナフィッシュ)さん(@banana.fishtv)がシェアした投稿

フォックスはバナナフィッシュのことを知り、ゴルツィネの権力とアッシュ、そしてバナナフィッシュをわが物とし、全てを自分の意のままに操ろうと企んでいたのです。フォックスは、国立精神衛生医療センターのマナーハイムにバナナフィッシュの資料をまとめさせ、アッシュと共にヘリで逃亡しようとしていました。

一方、ブランカはシンとケインたちに人質救出に向かうよう指示を出します。アッシュは自分が救い出す、と。

しかしシンはブランカと共にアッシュの許へ駆けつけることを選びます。小回りの利くシンと、スナイパーで一撃必殺の腕を持つブランカは強力なタッグを組み、医療センターの最上階を目指すのでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

ケインたちはすぐに仲間を開放し、助かったマックスはジェシカと抱き合い、お互いの愛を改めて確認します。
「もう一度結婚してくれ」
マックス、2度目のプロポーズでした。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュはフォックスに捕らえられていましたが、隙を見てすぐに逃げ出していました。マナーハイムを人質にしたものの、これもまたフォックスに撃たれ最後はアッシュとフォックスの一騎打ちに。アッシュは傷を負いながらも、近くに落ちていた工事現場のドリルをフォックスに突き立て倒します。

この間、フォックスが予め部下に指示していたとおりビルの爆破スイッチが押され、周りは火の海になっていました。アッシュはそこに爆風で飛ばされビルに宙づりになっていたシンを助けに走ります。シンには手にしていたバナナフィッシュの資料を火の中に投じさせ、ようやくその体を引き上げようとした時、背後にはフォックスが銃口を向けて立っていました。

万事休すか、と思われたその時、フォックスの頭部を銃弾が貫通します。それは、ゴルツィネの銃弾でした。

力尽きたゴルツィネは、ゆっくりと炎の中に落ちていく。アッシュはその姿をずっと見つめていました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

救われたシンは、いずれ決闘する相手を何故助けたかとアッシュに尋ねますが、アッシュはこんなバカげたことはもう自分たちで終わりにしよう、と言いました。決闘もする必要はない、手下も納得する働きだったと。

翌日、マックスの記事が掲載されたニューズウィークが発売されました。ゴルツィネと政府高官が少年たちに行った卑劣な行為が明るみになり世間が騒然とする中、バナナフィッシュのことは世に知られることなく炎と共に消え去ったのでした。

 

李家の屋敷では、月龍が酒を浴びるように飲んでいるところをシンが訪れ、アッシュと英二の関係に嫉妬していたことを指摘します。月龍のしたことは許せないと言いつつも、憎むことはできないことも。

あんたはケガ人だ。あんたの心は血を流している。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュも月龍を自ら襲うことはないと言いました。それを聞き安心したブランカは、カリブへ帰っていきます。そして英二も、その日帰国の途に就きます。

アッシュは、一足先に英二の許へ行き言葉を交わしたシンから英二の手紙を手渡されます。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

”自分はあいつの人生に関わってはいけない人間だ”と、見送りに行かなかったアッシュを、英二は理解していました。それはとても辛すぎると思いつつも。

 

アッシュが手紙の封を開けると、そこには日本行きの航空券が入っており、英二はアッシュを守ろうとしていたことが綴られていました。

英二の優しさに触れ、思わず空港に向かって駆け出すアッシュ。しかし、そこにシンを守ろうとナイフを持ったラオが待ち受けていました。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

英二と共にいるとアッシュは無防備になる・・。

月龍の言葉通り、その時アッシュには隙が生まれていたのです。

 

アッシュは傷を押さえながら図書館へ戻り、そこで英二の優しさに溢れた手紙に涙しながら目を閉じます。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

窓辺から暖かい陽射しが差し込む図書館の中、眠るその横顔はいい夢をみているような、穏やかな表情でした。

 

Dear Ash(アッシュへ)

 

君の無事な姿が見られないから僕は不安でたまらない

君は言ったね

「俺たちは住む世界が違う」と

 

でもホントにそうなのかな

僕たちは、肌の色も目の色も生まれた国も、すべて違う

でも僕たちは友達だ

それで十分なんじゃないのかい?

 

僕はアメリカに来てホントに良かったと思っている

色んな人に会えた

そして何より、君という人に会えた

 

君は何度も僕に聞いたね

「俺が恐ろしいか?」と

 

でも、僕は君のことを恐ろしいと思ったことは一度もないんだ

 

それどころか、君は僕よりずっと傷ついている

そんな気がして仕方がなかった

 

おかしいだろう?

君の方が僕よりずっと頭もいいし、体も大きく力も強い

それなのに僕は君を守らなければ・・と

ずっと思っていた

 

僕は何から君を守りたかったんだろう

 

僕は運命から君を守りたかった

 

君を連れ去り押し流す運命から

 

 

君は小説に出てくるヒョウの話をしてくれたね

そのヒョウは自分が戻れないことを知っていたに違いないと

 

僕は答えた

君はヒョウじゃない

運命は変えることが出来るんだ

 

君は一人じゃない

僕がそばにいる

 

僕の魂はいつも君と共にある

【BANANAFISH】アニメ第24話最終回『ライ麦畑でつかまえて』ネタバレ|感想

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

冒頭、故・石塚運昇氏への哀悼の言葉がオープニング最後に表示されました。最終回、ゴルツィネはセリフらしきものが殆どなかったのですが、最後までアフレコされたようですね。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました・・!

最終回、図書館でアッシュが眠るように息を引き取るシーンが、アニメで色鮮やかに再現されたのが感動的でした。私のイメージではグレーの寒色系の図書館が、暖色系の教会のような図書館になったことで、よけいに感動的だったというか。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

アッシュが英二と初めて会った時、すぐに打ち解けた印象があったんですが、ここで初めて本人がどう思っていたのか打ち明けるシーンがありました。最初、英二はおかしなやつだと思われてたという話(笑)。このシーンでは、アッシュの片思い的なセリフがぐっときました。

結局、月龍もブランカもみんなどこか寂しさを抱えて生きています。そんな中2人が出会ったことは、奇跡のようなもの。だからこそ月龍も2人を妬んでしまった。でも、そんな月龍をブランカやシンは憎むことができない。早く彼らの温かさに気づいて欲しいな、月龍。

この最終回でアッシュファンにしこたま叩かれまくったラオも、結局は弟への思いやりが空回りしまくった結果なんですよね。終いにアッシュに撃たれて・・結局お前さん、誰と闘ってたんだ?って話。全て解決済みなのに、一人で勝手に背負って憎しみを増大させて。アッシュがショーターの死の真相をひた隠しにしたことが裏目に出た形で、それでもアッシュは覚悟の上だったんでしょうけどね。

実はこの話の続き、番外編として「Another Story」があります。

アッシュの死を英二はどうやって知ったのか、アッシュの遺体を見てわかったこと・・。何年か経って、大人になった英二の目線で語られる物語です。

私はこの「Another Story」は種明かしじゃないけど、そんな感覚で一番好きだったかもしれません。本編も結構アニメだと飛ばしまくっていて、少年時代のアッシュのこともすっぽり抜けてるところがあるので、まだ読んだことがない方は一度読んでみて欲しいと思います。

Banana fish バナナフィッシュ 全巻セット [文庫版] (全12冊)

価格:7,284円
(2018/12/21 08:14時点)
感想(5件)

以上、アニメ「バナナフィッシュ」のネタバレ・感想記事は本日にて完了です。

最終回までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください