バナナフィッシュ・アニメ8話ネタバレ感想!美しき月龍の野望!

スポンサーリンク







こんにちは、ペガ子です!
アニメ「BANANA FISH」のあらすじ(ネタバレ注意)と感想をまとめているシリーズ、今回は第8話です。前回のあらすじは次の通り。

アッシュ・マックス・ショーター・伊部・英二の一行は、マックスの前妻の家を訪れた後で鍵を握る人物「アレクシス・ドースン」の屋敷と思しき場所を訪れます。そこで出会ったのは女性のように線の細い中国人の青年、ユーシス。しかし彼は、ショーターを裏切りゴルツィネと手を組んだ李家の七男だったのです。

ショーターは李家にニューヨークの家族を人質に取られたも同然で、ユーシスの命令には逆らえません。不穏な空気が漂う中、時を同じくしてマックスの元妻・ジェシカの家にギャングたちが押し入り・・?

そして今回の第8話『陳腐なストーリー』に続きます。

それでは、”バナナフィッシュ・アニメ8話ネタバレ感想!美しき月龍の野望!”と題し、第8話『陳腐なストーリー』のあらすじからどうぞ!

スポンサーリンク

【BANANAFISH】アニメ第8話『陳腐なストーリー』|登場人物

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


登場人物
icon-check-circle アッシュ・リンクス (声優:内田雄馬)
本作の主人公。ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪に緑の瞳、美しい容姿にIQ180以上、ナイフや拳銃の腕前も人並み外れたカリスマ性のある17歳。
icon-check-circle 奥田英二 (声優:野島健児)
カメラマンである伊部の助手としてニューヨークにやってきた19歳の日本人大学生。純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面も。
icon-check-circle  伊部俊一(声優:川田紳司)
日本のプロカメラマン。友人のマックスを頼ってニューヨークへ取材撮影へやってきた。英二の兄貴分。
icon-check-circle  マックス・ロボ(声優:平田広明)
元アメリカ陸軍軍人、後にニューヨーク市警の警官を経てジャーナリストとなる。
icon-check-circle  ショーター・ウォン(声優:古川慎)
アッシュの親友。気さくなチャイナタウンのギャンググループのボス。
icon-check-circle  ユーシス/李月龍 [リー・ユエルン](声優:福山潤)
チャイニーズマフィア・李家の七男。薬草や毒薬・劇薬に関する知識に長けている。
icon-check-circle  ジェシカ(声優:深見梨加)
マックスの元妻。雑誌記者で気丈な女性。マックスとの離婚後マイケルを一人で育てている。
icon-check-circle  マイケル(声優:富田美憂)
マックスの一人息子。夫婦喧嘩をよく目にしていたせいか妙に大人びたところがある。
icon-check-circle  アレクシス・ドースン(声優:宇垣秀成)
エイブラハム・ドースンの兄。ユダヤ系の科学者で、バナナフィッシュの鍵を握っている。

【BANANAFISH】アニメ第8話『陳腐なストーリー』|あらすじ


ジェシカたちを人質に取られ、ギャングから呼び出しを受けたアッシュ達。マックスとアッシュはすぐに車で救出に向かうが、これがゴルツィネの罠であることを懸念し、敢えてショーターを英二たちの元に置いていくことにする。

しかしユーシスが糸を引いていることにアッシュは気づかなかった。ジェシカたちが警察に保護されたところに到着したアッシュは、マイケルの証言で押し入ったギャングがチャイニーズマフィアの手の者だということに気付く。

あわてて英二たちの元に引き返すアッシュとマックス。しかし時既に遅し、薬で伊部の体の自由を奪ったユーシスは、鍼で英二の全ての機能を一時的に麻痺させて李家の元に連れ帰ってしまっていた。

シリタイ子
ショーターは泣く泣くユーシスの言うことを聞いているんだね・・。「こんなに自分のしたことを後悔したことはない」って、これまですごく男らしい生き方してたのがわかる。
ペガ
アッシュはショーターを信頼してたんだ。彼が裏切ったと思わずに、家族を人質に取られていたから従わざるをえなかったって、すぐに理解したのがその証拠。ホント、アッシュとショーターっていい友達だって思うよ。

ユーシスが伊部に残した「NYへ来い」という言葉に歯噛みするアッシュ。ちょうどその時、屋敷の主人であるアレクシス・ドースンが姿を現すのだった。

事情を理解したアレクシスは、20年前に軽い気持ちでドラッグで稼ぐつもりが、偶然とんでもない薬物を作ってしまったことを打ち明ける。その薬物が、薬物暗示に長けており、使いようによっては兵器となる悪魔のような薬物、バナナフィッシュであることも。

アレクシスは恐ろしくなって廃棄しようとしたが、弟のエイブラハムはバナナフィッシュを持ち出し、ゴルツィネと繋がってしまったことや、グリフィンはエイブラハムによる人体実験の餌食になってしまったこともそこで判明する。しかし、何よりアレクシス自身、科学者の性なのか、未知の発見のバナナフィッシュを処分できなかったこともこの事件の大きな原因であった。

一方、さらわれた英二はショーターが命をかけて守り抜いていた。ゴルツィネの手からも、ユーシスの手からも。


ユーシス、李家の中では月龍(ユエルン)と呼ばれる彼は、異母兄弟にいいように使われる立場だった。母を殺した父や、自分を蔑む兄弟たちを憎みいつかその首を取ることを密かに誓うユエルン。彼は女性のように美しく着飾り、ショーターや英二と共にゴルツィネの元に向かうのだった。

【BANANAFISH】アニメ第8話『陳腐なストーリー』ネタバレ|感想

バナナフィッシュの全貌が明らかになり、ユエルンの過去も垣間見える回でしたが、いかがでしたか。

私は、いつも陽気でお行儀の悪いショーターが、深刻な顔をして黙りこくっている姿が辛くて仕方なかったです。アッシュがその微妙な変化に気づかなかったのは、踏み込み過ぎずちょうどいい距離を保てる仲であり、なにより信頼しきっていたからだと思ってます。

こう考えると、アッシュはその人柄のせいか、数は少なくても本当に信頼できる仲間を手に入れていたんですね。孤独で兄への憎しみを胸に生きるユエルンが、そんなアッシュに嫉妬してもおかしくないのかもしれません。

そして今度はゴルツィネのホームであるニューヨークへ。アッシュはついにゴルツィネと決着をつけるのでしょうか。

次回は『ワルツは私と』です。楽しみですね。

では、本日の”バナナフィッシュ・アニメ8話ネタバレ感想!美しき月龍の野望!”は、ここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください