はたらく細胞アニメ4話のネタバレと感想!か弱く強い美少女・好酸球!

スポンサーリンク







こんにちは、ペガ子です!

アニメ「はたらく細胞」第4話『食中毒』を視聴したので、早速ネタバレあらすじと感想を書いていきます!

前回は、『インフルエンザ』がテーマでしたよね。
一度も抗原に出会ったことのないナイーブT細胞くんが、樹状細胞さんの励ましで活性化してジョジョ化しちゃったってお話でした(←ちょっと違うか)。

今回第4話は『食中毒』の回です!

では、”はたらく細胞アニメ4話のネタバレと感想!か弱く強い美少女・好酸球!”と題し、早速始めましょう!

【はたらく細胞】アニメ第4話『食中毒』ネタバレ|登場人物

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

人間の体の細胞(主な登場人物)
赤血球AE3803 [声優:花澤香菜]
血液循環により酸素と二酸化炭素を運ぶ。
白血球(好中球)U-1146 [声優:前野智昭]
好中球は全白血球の半分を占める。体外から侵入した細菌やウィルスなどの異物を排除する。
ヘルパーT細胞[声優:櫻井孝宏]
細胞たちに外的情報や対処について知らせる、有能な司令官。
好酸球[声優:M.A.O]
白血球の一種。全白血球の数%しか存在しない。アレルギーや寄生虫感染がある時に増殖する。
好塩基球[声優:杉田智和]
白血球の一種。全白血球の1%未満しか存在しない。特定の抗原に出会うとヒスタミンが放出され、いわゆるアレルギー反応が起こる。好中球や好酸球を問題部位に引き寄せる物質を作る働きがある。

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

本日のターゲット
腸炎ビブリオ 
海水中に生息する細菌。この細菌に汚染された魚介類を食べると感染型腸炎ビブリオ食中毒を発症させる。
アニサキス
海産動物に寄生する寄生生物。人がアニサキスに寄生された魚介類を生で食べると、まれに胃や腸壁にダメージを与え、食中毒(アニサキス症)を発症させる。

【はたらく細胞】アニメ第4話『食中毒』ネタバレ|あらすじ

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

赤血球AE3803は、胃で食物が消化される様子を見学しながら、白血球(好中球)U-1146に組織の働きについて教えてもらっていた。
興味津々な赤血球は白血球と話し込んでいたが、突然レセプターが反応し急遽現場に向かう白血球。

現場では、美少女好酸球がただ一人、細菌と戦っていた。
白血球に窮地を救われたその好酸球は、白血球の一種のくせに弱い、と周囲の細胞たちから陰口を叩かれどこか自信のない、影のある少女だった。
実は彼女、白血球とは知り合いだった。

白血球(好中球):「同じ骨髄で育った仲間の白血球だ。」

細菌も倒し一件落着と思われた次の瞬間、胃の方から激しい揺れが生じた。
すぐさま胃の損傷を察知したマスト細胞によりヒスタミンが分泌されると、そこに現れたのは好塩基球。

好塩基球:「平和という名の十字架を背負わされた哀しき戦士たちよ。愛を知らぬ生物の暴挙により我らの(以下略)。」

何を言ってるのかさっぱりわからない白血球だったが、好酸球は理解していた。スゲーな、おまえww

ヘルパーT細胞によると、生魚に付着した細菌が体内に大量に侵入してきたという非常事態らしい。
細胞たちは速やかに退避するよう司令が下り、白血球と好酸球は次々と訪れる腸炎ビブリオたちと戦闘を始めた。

ところが好酸球は一向に戦力にならず苦戦を強いられる白血球は、貪食作用(細菌などを細胞内に取り込み分解する力)を使い何とかその場を凌いだ。
そのうちようやく応援も到着し、細菌駆除は成功したように思われた。

だが、体内に侵入したのは細菌だけではなかったのである。
突如胃壁が崩壊し、現れたのは寄生虫のアニサキス!!
そう、どうやらこの体の持ち主は、アニサキスに汚染された魚介を食べて食中毒になっていたらしい。

好塩基球:「酸の波動が螺旋となりて闇(以下略)」→要するに嘔吐したってこと。この人ずっとこの調子(笑)

アニサキスは寄生虫。
細菌類を駆除することには長けている白血球たちだが、寄生虫には歯が立たない。
絶体絶命。そんなとき立ち上がったのは好酸球だった。

好酸球:「私が行く」

細菌すら倒せない、か弱い好酸球がこんな強敵に一人立ち向かって行ったのである。
無謀と思われたその行動だったが、実は好酸球は寄生虫を倒すスペシャリストだったのだ!

一撃でアニサキスを倒す好酸球。
細菌たちは好酸球を讃え、再び体内に平和が訪れるのだった。

【はたらく細胞】アニメ第4話『食中毒』ネタバレ|感想

”はたらく細胞アニメ4話のネタバレと感想!か弱く強い美少女・好酸球!”と題しお送りしてきましたが、いかがでしたか?

アニサキス症って本当に苦しいって言いますよね。
胃壁を食い荒らされるわけで、そりゃあ大変だというのがよくわかりました。

そして、同じ骨髄で生まれ育った白血球の仲間(ココなんかじわじわくるんだけどw)の、好酸球が寄生虫をやっつける働きというのも初めて知りました。
白血球の仲間って、本当に様々な種類があるんですね!

それにしても、好塩基球がもうキャラ濃すぎて(笑)
ちゃんと説明しないと白血球わかんないでしょうが!
全部回りくどいあの文学的表現だから、逆に好酸球が通訳になってるあたりが凄過ぎ。

でも、よく聞いてみると「哀戦士」とか言ってたようなんだけど。
しかも声が杉田さんてのがわざとかよ!?って感じ。

なんか変なツボを刺激される回でしたが、今回も楽しく勉強になりましたね。

次回は『スギ花粉アレルギー』!楽しみですね。

では今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください