はたらく細胞アニメ9話のネタバレと感想!ちびキラーTに超萌える!

スポンサーリンク







こんにちは、ペガ子です!

アニメ「はたらく細胞」第9話『胸腺細胞』を視聴したので、ネタバレあらすじと感想を書いていきます。

前回8話『血液循環』の最後で、キラーT細胞が「甘さ」を病的に毛嫌いするシーンがありましたよね。殴られた白血球も、いまひとつ解せない表情をしていましたが、今回はその理由が明らかになるお話です。実は3話から前振りはあったんですよね。ナイーブ細胞くんがキラーT細胞の過去を知ったシーン。今回は具体的にそこのあたりを深掘りしていきます。

9話はのっけからキラーT細胞(声:小野大輔)がメインで荒っぽく歌うテーマソング『ミッション!健・康・第・イチ』でスタートしました。Aパート(CM前のアイキャッチ)もそうですが、今回はT細胞シリーズ。ヘルパーT細胞やキラーT細胞推しのかた(←言い方変ですがww)は嬉しい回ですね。

ということで、またキラーT細胞が寒気のしそうな回、第9話『胸腺細胞』を、”はたらく細胞アニメ9話のネタバレと感想!ちびキラーTに超萌える!”と題し、始めていきましょう!

スポンサーリンク

はたらく細胞・アニメ第9話『胸腺細胞』ネタバレ|登場人物

夢路さん(@miracle199513)がシェアした投稿

人間の体の細胞(主な登場人物)
赤血球AE3803  [声優:花澤香菜]
血液循環により酸素と二酸化炭素を運ぶ。
白血球(好中球)U-1146 [声優:前野智昭]
好中球は全白血球の半分を占める。体外から侵入した細菌やウィルスなどの異物を排除する。
キラーT細胞[声優:小野大輔]
ヘルパーT細胞の命令によって出動、ウィルス感染した細胞やがん細胞などを攻撃する。
ヘルパーT細胞[声優:櫻井孝宏]
細胞たちに外的情報や対処について知らせる、有能な司令官。
制御性T細胞[声優:早見沙織]
T細胞の暴走を抑え、免疫異常を起こさないよう調整する。
樹状細胞[声優:岡本信彦]
体内に侵入してきた細菌や、ウィルス感染細胞などの断片を抗原として提示し、他の免疫系細胞に伝える。また、T細胞育成にも携わる。
胸膜上皮細胞[声優:小山力也]
胸膜を形成する上皮細胞。リンパ球を哺育しT細胞の分化を助けている。

はたらく細胞・アニメ第9話『胸腺細胞』ネタバレ|あらすじ

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


キラーT細胞はナイーブ細胞たちのシゴキに精を出していた。その怒鳴り声は離れたところにあるヘルパーT指令の職場まで聞こえるほどだった。

ヘルパーT細胞は、もう少しクールになれないものかとキラーT細胞に苦言を呈するが、取り合ってもらえない。「相変わらず君は不器用だね!」「そっちこそ命令ばっかしやがって!」と上司部下の関係とは思えないようなケンカを始める2人に、ナイーブ細胞たちは驚く。「あの2人、どういう関係ですか?」

すると、爽やかな顔をして意味深に笑う樹状細胞は、一冊のアルバムを開くのだった。

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

時はキラーT細胞とヘルパーT細胞が、まだT細胞に分化前のリンパ球だった頃に遡る。

2人は「胸腺学校」の同期だったが、その実力には天と地の差があった。子供の頃のヘルパーT(以下ちびヘルパー)は要領がよく冷静でとても優秀、対して子供の頃のキラーT(ちびキラー)は泣き虫で不器用。教官の胸膜上皮細胞も「随分と優劣に差がある」と認識するほどだった。

それを知ってか知らずか、寮ではなぜかちびヘルパーとちびキラーが同じ部屋で生活することになった。とにかく効率性を追求するちびヘルパーは、他人に合わせることを知らず自分ルールを他人に押し付けるところがあり、ちびキラーとことごとくぶつかる。そんな2人を、ちびヘルパー以上に冷静で大人だった同期の女の子が見守っていたのだが、彼女が後の制御性T細胞である。

子供の頃の制御性T細胞と同様に、彼らに注目し興味深く観察していた樹状細胞。2人には共通点があることを彼は見抜いていたのかもしれない。

キニナル子
あれ、ヘルパーT細胞って・・おやつのクッキーの粉をつけたまま緊急速報に映っちゃった人だよね?キャラ違くね?めっちゃスカした子供じゃない!
ペガ
ちびキラー、判断に迷うしケンカも弱いなぁ。すぐ泣くし、なんかこの前のナイーブ君そのものじゃないの。かっわいぃ~!!
キニナル子
でもちびヘルパー、子供の頃から制御性T細胞さんには弱かったみたい。彼の上を行く冷静さと実力があったんだね。

しかし、ちびヘルパーも努力を一切していなかったわけではない。早朝森の中で1人シャドーイングをするなど、誰にも見られていないところで密かに鍛錬を続けていたのだ。そしてそれは、ちびキラーも同様だった。ただ、あまりにも非効率的で力任せの鍛錬だっただけで。ちびヘルパーは呆れつつも、彼の努力にどこか関心しているようだった。

訓練の日々が過ぎ、最終日はT細胞になれるかどうかの試験「正の選択・負の選択」が執り行われた。ちびキラーをバカにしていた優秀な同期が次々と脱落していく中、ちびヘルパーとちび制御性Tは難なくクリア。そしてちびキラーの番がやってきた。

試験前も試験の最中もちびヘルパーは彼に助言をし、ちびキラーはよくわからないうちに試験をクリアしてしまう。

キニナル子
あのさ、あんだけ筋トレしてこの試験・・幼稚園児でも出来そうなんだけど。要は細菌と細胞を見分けて細菌の方を攻撃するか、見間違えて細胞の方を攻撃しちゃうことがないかってことを見てるんだよね?
ペガ
そそ。自分を攻撃する悪質な細胞じゃないかを見てるのね。まぁこれは擬人化だから・・パネル割りするためにあんだけ筋トレいるんかってツッコミは・・ね。

まぐれでキラーT細胞になることが決まったちびキラーは迷っていた。ちゃんとやっていけるのか自信がない、と。

しかし、ちびヘルパーは言う。自分の弱さと向き合ったなら、いいかげん覚悟を決めろ。もう頑張るしかないんだよ。無駄に見える努力でも1人コツコツ続けるのが取り柄だろ。

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


そしてちびキラーは誓うのです。「もう弱音は吐かない。強くなる。」どんな敵でも一撃で倒せるくらい鍛えると。ちびヘルパーも、進む道を決めます。「おまえのような容量の悪いヤツのために」指令を出す側のヘルパーT細胞になる、と。 そう言うちびヘルパーに、ちびキラーは「肩の力を抜け」と言います。堅物の今のままでは部下は委縮してしまうから。

そう、今の彼らがあるのは、このやり取りがあったからなんです。

キニナル子
ちょっと極端に走り過ぎたけどね(笑)どっちにしろ真逆の2人になっちゃったね。
ペガ
でも、これは2人にとって秘密の過去。それを部下にバラす樹状細胞さん、ブラックやわ・・。

はたらく細胞・アニメ第9話『胸腺細胞』ネタバレ|感想

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

今日イチ面白かった顔がコレ↑

部下たちに以前の自分たちの写真を見られて2人がパニックになるシーンが可愛くてヤバイです(笑)

でも、ヘルパーTとキラーTの交わす男の誓いがいいですね~。真面目に2人ともそれを守り抜いて、守り過ぎてあんなんなっちゃった的な。

まさかヘルパーTがキラーTをぶん殴って「目を覚ませ!」なんて熱い言葉をかけるなんて。でもその言葉はぐっときました。不器用な人間はコツコツ頑張るしかないんですよね。私も心に沁みましたよ。ありがとう、ヘルパーT、キラーT!

それにしても、殴られたら「へぶし!」って言ったり、ミリタリーケイデンス(胸腺学校でランニング中に歌う歌)が、なんか同世代のニオイがプンプンしますなぁ。ミリタリーケイデンスは米軍で実際に歌ってるやつですが、任天堂がそれを使ったCMをやってて、そっちで覚えてます。

「ファミコンウォーズがで~るぞ~!」ってやつ。

ちょっと懐かしくて思わず調べちゃいましたよ。思い出せてすっきりです(笑)

てことで、今回の”はたらく細胞アニメ9話のネタバレと感想!ちびキラーTに超萌える!”はここまで。

次回は10話、『黄色ブドウ球菌』です。

では今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください