ラブライブサンシャイン映画のネタバレ予想!あらすじ・ストーリーも!

スポンサーリンク







こんにちは、ペガ子です!

劇場版アニメ「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」が2019年1月4日から全国公開されます。
そして先日、その詳細が明らかになってきましたので、そのあらすじ・ストーリーを予想していこうと思います!
では早速、”ラブライブサンシャイン映画のネタバレ予想!あらすじ・ストーリーも!”と題して行ってみよ〜!

スポンサーリンク

ラブライブサンシャイン映画の公開情報・あらすじ

まず、今現在公開となっている情報から簡単に整理していきましょう。


◆映画公開日・前売券発売日・上映劇場

映画タイトル ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow
公開日 2019年1月4日〜
前売券発売 2018年7月29日(日)〜特典付き前売り券第1弾発売(特典:クリアファイル)
上映予定劇場 公式ホームページ参照

◆あらすじ
裏の星女学院のスクールアイドルとして、ラブライブで優勝を遂げたAqours(アクア)のメンバーたち。結果として廃校は免れなかったため、3年生を除く在校生の千歌たちは沼津の高校への編入準備に追われていた。
しかし、そんな1・2年生は想定外のトラブルに見舞われ、卒業旅行に向かった3年生たちは行方不明になってしまい・・?!

ラブライブサンシャイン映画のネタバレ予想・ストーリー

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿

 1・2年生を襲うトラブルとは?!

まず、学校編入するにあたり、Aqours1年生メンバー(津島善子/国木田花丸/黒澤ルビィ)はインドア派の人見知り個性派メンバーなので、かなり精神的ストレスはあると思います。

そういったトラブルなら十分考えられるのですが、2年生(高海千歌/桜内梨子/渡辺 曜)を含めてトラブルが起こるということは、やはりスクールアイドルとしてのトラブルと考えるのが妥当でしょうね。

「ラブライブ! The School Idol Movie」では、μ’s(ミューズ)に秋葉ドームライブを実現させるためのオファーが舞い込んだ話になっていましたが、千歌たちはそもそも学校が閉校してしまっています。

とはいえ一度はスクールアイドルとして頂点に立ったAqours。
何らかの形でオファーがないとも限りません。
翌年度のラブライブへは、優勝旗を返しに行かないといけないわけですし。

Aqoursの再結成はないとして、在校生たちで期間限定のユニットを組んだりラストライブを行わなければならないことが起こるとか・・。

いずれにしても、「ラブライブ! The School Idol Movie」で1年生・2年生・3年生ユニットごとの挿入歌があったので、これと同様のものはあるでしょうね。てか、そこをファンは期待しているでしょう!

PVでも、Aqoursとして歌を披露しているシーンがありましたからね、ライブ開く事態が生じると考えていいのではないでしょうか。

 3年生が行方不明になる!

いや、もうこれは鞠莉(小原鞠莉)が原因でしょ。
またあの人なんかやらかしたんでしょ(笑)

「ラブライブ! The School Idol Movie」で、μ’sメンバーが海外行ったので今回はどうかな?と思ってましたが、確実に海外、てかイタリア行ってますよね。
ムビチケと特典クリアファイルの描き下ろしイラストの背景が全部イタリア
で、鞠莉はイタリアの大学行くわけで。

どうせまたどっか行きたいって鞠莉さんが思いついて、他の二人(松浦果南/黒澤ダイヤ)が引きずられたんでしょうねぇ。

ただ、ここに1・2年生が呼ばれたのか・・呼ばれたんでしょうな。
PVでAqoursが歌っているのが、イタリアっぽい場所でしたからね。
Aqours全員が、イタリアの絶景を背景に改めて絆を確かめ合う。そんなシーンはありそうです。

 Saint Snowも関わってくる?

Aqoursのライバルであり友達でもある北海道のSaint Snow(セイントスノー)の2人は、出演する可能性大ですね。Saint Snowもお姉さんの聖良が卒業を迎えたことで解散となって、妹の理亞(鹿角理亞)が新たな活動を始める環境にあります。

同じ境遇にあるルビィと理亞は、それぞれに自分なりの答えを出す必要があり、お互いが刺激を与えてくれる存在になっているんじゃないでしょうか。
ルビィたち内向的1年生の成長を描くのに、外部との関わりって不可欠な気がするんですよね。

μ’sの場合3年生の卒業後新入生が入ってくるシーンまであったので、穂乃果たちがアイドル研究部にも所属しておらず、練習場所を後輩に譲ったこともわかるんですが、Aqoursはその点は明確ではありません。
その点も明らかになってくるかな?と思っていたりするのですが。

 音ノ木坂学院は関わってくる?

ここ、気になるところなんですよね。

1期12話で音ノ木坂の学生と話をするシーンがあったり、梨子が音ノ木坂の生徒だった意味がいまいち見えてこないんですよね。あんまり深い意味ないのかな?

あと、μ’sのリーダー、高坂 穂乃果と絢瀬 絵里の妹がアイドル研究部を継いだものの、そこからの活動は見えてこないですしね・・。

といってもμ’s自体は関わってこないと思ってます

出てきたら興ざめじゃない?とか、主観的な理由は別にして、私個人が1期12話で
Aqoursは、μ’sとは別の物語と思ったからなんですよ。

当たり前のこと言ってるんですが、ラブライブサンシャインを見始めた最初の頃、どうしても視聴者もAqoursたちも、μ’sと比較して見てしまったと思うんです。

でも、μ’sの穂乃果はカリスマ的なものを持っていて、雨まで止ませてしまう不思議な女の子。
一方Aqoursの千歌は、普通怪獣なわけですよ。

もちろん、千歌にも秘めた力はあるにせよ、物語の展開はμ’sの時のようにはいかず廃校も阻止できなかった、むしろ同世代にとって等身大の女の子じゃないかと思うんです。

そんな千歌が1期12話で語った、

「μ’sみたいに輝くってことは、μ’sの背中を追いかけることじゃない。自由に走るってことじゃないのかな?全身全霊何にも囚われずに。自分たちの気持ちに従って。」

というセリフがあります。

だから、見てる方もμ’sに囚われちゃいけないんじゃないのかな?そう思ったんですよね。

 劇場版ラブライブで穂乃果を救った女性シンガーは登場する?

そう言いつつ予想の材料に「ラブライブ! 」は使いますがご容赦を(笑)

「ラブライブ! The School Idol Movie」で、女性シンガー(声優:高山みなみ)が登場しましたが、彼女はなんだったんでしょう?

音ノ木坂学院で千歌たちに話しかけたモブの学生といい、この女性シンガーといい、大事なヒントを教えてくれた途端姿が消えるという離れ技を見せてくれました(笑)

なんでしょ、妖精的な?アイドルの神の眷属的なやつ?←

だとしたら登場するかもしれないですが、確率は五分五分ですかね。
個人的にはないかな?と思いますが、白い羽や赤い花びらとか、意味ありげに手のひらに舞い落ちる、あのシーンはまたありそうです。

神の祝福的なやつなんですかね、あれは。

ラブライブサンシャイン映画のネタバレ予想!|まとめ

ということで、今回は”ラブライブサンシャイン映画のネタバレ予想!あらすじ・ストーリーも!”と題して予想を書かせていただきましたが、いかがでしたか?

時系列だったり場所だったり、結構謎だらけの「ラブライブ!サンシャイン!!」。
他のアイドル系アニメと少し異なるのは、ライバルや音楽のことがざっくりとしか描かれてないということですよね。敢えての演出だとは思うのですが。

それでいて千歌が大事なことに気づいたタイミングで白い羽が舞い降りたり、不思議なシーンが時折見られるところ、ちょっとスピ系の匂いもするのが女子受けしてる理由のひとつなのかもしれませんね。

実際、女の子たちが友達との人間関係で悩むことが結構リアルに描かれてて、それがメインなんだってことがよくわかります。企画段階で、そういったことを描きたいという思いがあったことも知られていますし、その点が人気の秘密なのでしょう。

高校1・2年生の成長と3年生との別れ、自立。
この時でしか出せない輝きをまた目にすることができるのは来年の年明けです。
楽しみにその時を待ちましょう!

では、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました!

ラブライブサンシャイン映画のDVD発売・レンタル予約開始日はいつ?

2019年1月7日
スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください