芦屋花火大会2018の日程&時間、おすすめ穴場観覧スポットは?

スポンサーリンク







神戸周辺の夏イベントでもある「第40回芦屋サマーカーニバル(通称サマカ)」の目玉、「芦屋花火大会2018」がもうすぐ開催されますね!福岡に「あしや花火大会」というのがありますが、こちらは兵庫県芦屋市の民間が主催する花火大会です。

こんにちは、ペガ子です。ペガらいふをご覧いただきありがとうございます。

神戸で最大の花火大会が「みなとこうべ海上花火大会」ですが、芦屋花火大会はその次に有名な花火大会といっていいでしょう。大きな違いは、芦屋花火大会はNPO法人芦屋市民まつり協議会が主催している芦屋カーニバルというお祭りの一環というところです。

それでも昨年で打上げ数6000発、市民縁日50店舗・縁日ストリート70店舗・グルメフェスタ30店舗が出店し、花火前には音楽ライブ、お笑いライブなどがある楽しいイベントなのです。10万近い観客数が毎年足を運ぶのも納得ですね。

では、前置きが長くなりましたが、今回は「芦屋花火大会2018の日程&時間、おすすめ穴場観覧スポットは?」と題し、芦屋花火大会にフォーカスしてご案内します!

スポンサーリンク

芦屋花火大会2018(第40回芦屋サマーカーニバル)の開催内容・アクセス

正式には「第40回記念芦屋サマーカーニバル」の中の「Ashiya Dancing Fireworks Show(花火ショー)」という位置づけらしいです。花火大会のおまけが縁日・市民ステージなんだと思ってたら逆だったみたい。

開催日時は、2018年7月21日(土曜日)芦屋花火大会は19:45 ~ 20:30、縁日・市民ステージが13:00 ~ 21:30です。花火大会が終わってから縁日でしばらく粘るって方法もアリみたいです。まぁ終わったら早く帰りたいですけどね。ちなみに荒天中止(雨天実施)、順延なしです。観覧席、アリーナ観覧席のチケットを買って中止になった場合、全額払い戻しはされません。設営協力費として半額しか返ってこないのでご注意を。

打上げ場所は潮芦屋ビーチですが、昨年の観覧人数は9万4200人!結構人気の花火大会なんですよね。
芦屋花火大会は、打上げ場所の裏手に芦屋市総合公園(運動公園)があり、最も観覧人数が多く、屋台も多い場所になっています。打上げ場所から近くで観覧できるので良いのですが、電車やバスでのアクセスはそんなに良くありません。

◆アクセス(芦屋サマーカーニバル会場・芦屋市総合公園)

(JR・阪急・阪神電鉄)芦屋駅から阪急バスで「芦屋市総合公園前」停留所でお降りください。なお、芦屋駅~総合公園は徒歩40分程度。帰りは駅が混雑して前に進まないので、もう少しかかるかもしれません。

交通規制は13:00から花火が終わるまで続きます。駐車場もないので公共交通機関での来場をおすすめします。

おすすめの穴場観覧スポット

おすすめするのは下記の3か所です。

  • 芦屋市総合公園
  • サンシャインワーフ神戸
  • リゾ鳴尾浜

 

◆芦屋市総合公園

おすすめポイント
  • 広い芝生内でゆったりと花火が見れ、三脚も使用可能です。
  • 花火が近いので大きく見えます。
  • 屋台が近いので楽しめます。
  • 公共トイレが近くにあるので安心です。
    ※但し女子トイレは長蛇の列になります。前もって済ませておきましょう!)
イマイチなポイント
  • ライブを聴きながらの花火になります(気になる方はライブ会場から離れた場所に席を取りましょう)。
  • 木が邪魔で花火が隠れる。低く上がる花火は見えない場合があるので、運動場の小高いところに席を取りましょう。
  • 花火が始まると中央部は真っ暗になり、屋台やトイレから帰還できなくなる恐れが(笑)携帯ライトを持っておくといいでしょう。
  • 公共交通機関でのアクセスがあまり良くありません。帰りはバスがないので駅まで徒歩、駅構内はイモ洗い状態になります…

◆サンシャインワーフ神戸

おすすめポイント
  • 交通アクセスが良いです。阪神電鉄青木駅より徒歩11分程度。
  • 巨大ショッピングモールなので、ゆっくりと過ごせます。
イマイチなポイント
  • 花火から1Km程離れているため、見え方が少し小さいです。

◆リゾ鳴尾浜

おすすめポイント
  • 遮蔽物がないため花火の全貌がきれいに見えます。
  • 広い芝生内でゆったりと花火が見れ、三脚も使用可能です。
イマイチなポイント
  • 花火から5Km程離れているため、見え方が少し小さいです。
  • 公共交通機関でのアクセスがあまり良くありません。阪神電鉄洲先駅から徒歩42分程度。

楽しみ方のポイント・注意事項

◆早めに来場、トイレを済ませる

どこも混み合いますので、遅くても16時~17時には会場に着くようにしましょう。
屋台も30分以上列に並ぶことはザラです。子連れの場合は早めに来場しトイレを済ます、買い出しは大人がまとめて行う、など計画的に行いましょう。

例年日没は19時10分頃。19時前から暗くなり、広い敷地内だと迷子になりやすいので気を付けてくださいね!

◆有料席でも楽しめる

前売り券のみの特別席もあります。グループ観覧席、カップル席、焼き肉観覧席、パーティプランなどありますので、詳しくは芦屋市民まつり協議会ホームページをご確認ください。

まとめ

今回は「芦屋花火大会2018の日程&時間、おすすめ穴場観覧スポットは?」と題してお送りいたしましたが、いかがでしたか?

芦屋花火大会は比較的小規模ですが人気の高い花火大会です。小規模だからこそ、間近で見られる利点があるのかもしれませんね。

どこの花火大会でもそうですが、今回ご紹介した観覧スポットの、芦屋市総合公園や浜辺付近は特に敷物や日焼け止め、帽子などが必須です。事前準備が物を言うと思いますので、前もってアイテムを揃えて臨んでくださいね。

そして早めの会場入りをして食事やトイレなども、前倒しで行っておくと後がラクです。また、芦屋は外国人の観覧客も多かったので、マナーには十分注意して花火を楽しんでくださいね!

では、今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください