a-bakery(エーベーカリー)神戸のベーグル専門店のレビュー

スポンサーリンク







神戸には色々なパン屋さん・ベーグル店がありますが、a-bakery(エーベーカリー)というベーグル専門店が元町高架通商店街(通称:モトコー)にあります。神戸にありがちな週2回(火曜・土曜)しか開かないベーグル専門店なんですが、ココは開店前から行列のできる知る人ぞ知る名店なんです。

そんなa-bakeryも今年で5周年を迎えました。私も神戸に住んでいながら、なかなか行けなかった所ですが、ようやく今回行列に並んで買ってきましたよ!

ということで、今回は神戸元町のベーグル専門店「a-bakery(エーベーカリー)」のレビューをしてみたいと思います。

題して『a-bakery(エーベーカリー)神戸のベーグル専門店のレビュー』。早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

神戸元町a-bakery(エーベーカリー)とは|店舗の場所・営業日時

「a-bakery(エーベーカリー)」は、神戸元町、花隈のエリアになりますが、元町高架通商店街(花隈4番街)にある小さなベーグル専門店です。JR元町駅なら西改札から出てひたすら西へ、阪急電鉄花隈駅なら西口から横断歩道を渡り商店街に入ると比較的近くにあります。

シャッターが閉まっているお店が多い上、a-bakeryも開店までシャッターを下ろしているのでわかりにくいでしょうから、シャッター上のロゴを探して歩きましょう。

◯に”a”のロゴが目印です。※写真は開店時間がきてシャッターを開けたところ。黄色い壁の可愛いお店です。

◆営業日・営業時間について

営業は火曜と土曜のみ、11:00~16:00でランチも営業しています。

私が行ったのは土曜日でしたが、開店20分前に到着して既に7人の方が並んでいました。

開店してからもそ季節でラインナップが異なることから「どれを買うか?」悩む時間も含めると、並び始めてから実際に購入するまで30分以上かかりましたね。店員さんも一人なので、お客さんと一対一でオーダー・会計をするから仕方ないんですけどね。

大量買いするお客さんも多いです。私の時でも先頭の数人が10個以上購入されており、順番が回ってきた時に売り切れになっていた商品が数点ありました。なので、土曜は特にですが開店30分前には来ている方がいいでしょうね。

その際、気を付けて欲しいのは服装です。春先でも陽が当たらないうえ風が通る商店街は意外に寒いので、しっかり防寒して臨みましょう。

関連ランキング:パン | 花隈駅みなと元町駅西元町駅

 

神戸元町a-bakery(エーベーカリー)|ベーグル実食レビュー

今回セレクトしたのは、以下の6種:シンプル2点(①②)、総菜ベーグル2点(③⑤)、甘系2点(④⑥)です。

  1. はちみつクルミ
  2. プレーン
  3. ツナカレーチーズ
  4. アールグレイクリームチーズレモン
  5. 大葉と豚肉の甘辛マヨ
  6. チョコピーナッツバター

※季節により品揃えは変化します。常に買えるとは限りませんので予めご了承ください。

まず、総じてベーグルの生地は柔らか過ぎず・硬過ぎず、甘みはつけていません。生地も密過ぎると喉が詰まるもんですが、絶妙な密度のベーグルがa-bakeryの特徴です。

では、そんなベーグルに色々な味わいがあるわけですが、以下にひとつずつレビューを書いていきますね。

①はちみつクルミ

クルミの商品が人気ということで、クルミの生地を使ったものを頼んでみました。

適度な大きさに砕いたクルミが生地全体に散らばってアクセントとなり、しっとりと生地を包み込むようなはちみつがマッチしてとても美味しい。甘すぎず、クルミはしっかり主張しますのであっさりとしたベーグルでありつつ満足度が高いですね。

②プレーン

初めてのお店では、私は必ずプレーンを買ってみます。プレーンが美味しいところは間違いないから(持論w)。

前述の通り、生地の甘みは最小限度しかついていないので、比較的あっさりと主張の少ない生地そのものの味が楽しめます。密度も適度で歯ごたえはちゃんとあり、それでいて顎が痛くなるほど硬いわけでもない。余計なものはなく、理想的なベーグルです。

③ツナカレーチーズ

カレーと聞くと頼みたくなる。チーズと聞いても以下同文。

⑤の大葉と豚肉の甘辛マヨもそうですが、これはベーグルサンドではありません。つまり、具材を生地で包んで焼いているということなんですね。なので、具材はベーグルサンドより少なめになっています。

今回のラインナップで唯一イマイチ感があったのはこれ。トッピングのチーズはさっぱりしていてくどくはありませんし、甘めのカレーなのでお子さんでも食べやすいでしょう。

ただ、ベーグルが水っぽくならないためにある程度必要なことかもしれませんが、ツナのパサつきはやはり気になります。玉ねぎの甘さとトロミでツナのパサつきを緩和していて工夫はあるのですが、全体的にカレーの主張が弱く、コレ何味だったっけ?とふと思ってしまいました。チーズの影響もあるのかな~?

④アールグレイクリームチーズレモン

クリームチーズ系の商品がいくつかあったので、購入してみました。

クリームチーズは小さな角切りになったものが全体に散りばめられており、所々にレモンの苦味がドライフルーツのように顔を出しています。アールグレイは正直あまり前面に出ておらず、ほんのり香る程度です。

クリームチーズと聞いて想像していたような、こってりした感覚はないのでちょっとイメージとは違っていました。

⑤大葉と豚肉の甘辛マヨ

結構人気だった総菜ベーグルがこちら。これは絶品です!大葉はさほど主張が強くありませんが、豚肉と甘辛マヨがしっとりしたベーグルによく合います。行列の先頭から聞こえてくるオーダーに耳を傾けていると、こちらを注文する方が多数。ネーミングからして美味しいのは間違いないと思っていましたが、美味でした!

甘辛といってもお子さんでも食べれるレベルの甘辛です。もちろん、ベーグルのリングの中に詰まっている具の量は限られているので、お腹いっぱいにはなりませんが、総菜ベーグルとしてはオススメの一品です。

⑥チョコピーナッツバター

チョコ系の代表選手としてこちらを選びましたが、このベーグルも想像とちょっと違っていましたね。

どちらかというと、ピーナッツバターにチョコを練り込んだような、比較的ベタっとしたチョコが詰まっています。

ピーナッツバターの歯ごたえや香りはベーグルに合うので美味しいのですが、チョコは濃いめなので結構インパクトが強いです。個人的に、私は軽めのチョコピーナッツクリームをイメージしていたので、ちょっと面喰いました。

他に目を引いたラインナップ

今回私がセレクトしなかった商品で面白そうだったのは、桜あんを使った甘系のベーグル、白玉を使った白玉ベーグル(大納言・白あん)、ヨモギのベーグル、季節限定のケーキなどがありました。

食べログなどでメニュー一覧も掲載されているのですが、必ずしもそこの商品が店頭に並んでいるとは限らないので、実際に目で見て判断するしかない部分があります。並んでいる間、一生懸命耳と目を広げて情報をキャッチしてレジへ臨みましょう(笑)

神戸元町a-bakery(エーベーカリー)|まとめ

実は私、家でも手ごねで作ることがあるくらいベーグルが好きです。

正直言ってパンは生き物なので、同じお店でも気候や作り手の影響で日々味が変わったりします。だからこそ、味が安定していていつも美味しいお店を探していたんですが・・a-bakeryの安定度は素晴らしいです。

営業日は週2回ですが、水曜日・木曜日はパン教室をやっています。こちらのベーグルを習得できたら・・夢のようですね。

今回は「a-bakery(エーベーカリー)神戸のベーグル専門店のレビュー」と題してお送りしてきましたが、そろそろこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください