箱根駅伝2019予選会!順天堂大学メンバーの記録や特徴・出身高校も

スポンサーリンク







2018年10月13日(土)に開催される第95回箱根駅伝予選会のエントリーリストが、先日公開されました。

今年は箱根駅伝本戦の出場枠や出場条件に変更があり、選手たちには更に厳しい戦いとなりそうですね。先週三大駅伝のひとつ、出雲駅伝が行われ青山学院大学が安定感ある走りで優勝したところで、各校の刺激にもなっているんじゃないでしょうか。

今回ご紹介する順天堂大学は、かつては4連覇を成し遂げたこともある常勝軍団でしたが、この10年は成績不振に苦しんできました。しかし、ここ数年はアジア大会2018年ジャカルタで3000m障害で銅メダルを獲得した塩尻選手をはじめ、強力なメンバーにより少しずつ上位に食い込んできているのです。

ということで、本記事は題して「箱根駅伝2019予選会!順天堂大学メンバーの記録や特徴・出身高校も」。早速行ってみましょう!

箱根駅伝2019!順天堂大学エントリーメンバーの特徴や出身高校

2018年12月21日
スポンサーリンク

箱根駅伝2019予選会・順天堂大学メンバーの特徴

順天堂大学の予選会エントリーリストは以下の通りです。

選手名 箱根 学部・学年 10000m
1 塩尻 和也
シオジリ カズヤ
2区 スポーツ健康科学部4年 27分47秒87
2 山田 攻
ヤマダ コウ
5区 スポーツ健康科学部4年 29分47秒14
3 金原 弘直
キンパラ ヒロナオ
スポーツ健康科学部4年 29分24秒56
4 小林 聖
コバヤシ アキラ
スポーツ健康科学部4年 30分13秒15
5 吉岡 幸輝
ヨシオカ コウキ
スポーツ健康科学部4年 29分48秒81
6 難波 皓平
ナンバ コウヘイ
4区 スポーツ健康科学部3年 29分37秒96
7 藤曲 寛人
フジマガリ ヒロト
スポーツ健康科学部3年 29分24秒92
8 小畠 隆太郎
コバタケ リュウタロウ
スポーツ健康科学部3年 29分47秒15
9 野田 一輝
ノダ カズキ
8区 スポーツ健康科学部3年 28分52秒39
10 鈴木 雄人
スズキ ユウト
スポーツ健康科学部3年 30分03秒14
11 橋本 龍一
ハシモト リュウイチ
3区 スポーツ健康科学部3年 28分59秒32
12 野口 雄大
ノグチ ユウダイ
スポーツ健康科学部2年 29分47秒95
13 清水 颯大
シミズ ソウダイ
7区 スポーツ健康科学部2年 29分02秒47
14 澤藤 響
サワフジ ヒビキ
スポーツ健康科学部2年 29分56秒14

箱根:第94回箱根本戦出場経験者/区間
<参考:駅伝歴ドットコム様/スポーツ報知様>

順天堂大学は前回の箱根駅伝では13位と、惜しくもシード権を得ることはできませんでした。しかし今年は絶対的エースの塩尻和也選手、新・山の神を目指す山田攻選手を柱に強力なメンバーで予選会に挑みます。

箱根駅伝2019予選会・順天堂大学メンバーの記録や出身高校は?

◆№1:塩尻 和也(しおじり・かずや)

学部学科 スポーツ健康科学部4年
出身高校 伊勢崎清明高校(群馬県) 
5000m記録 13分33秒14
10000m記録 27分47秒87
ハーフマラソン記録 1時間02分46秒

◆№2:山田 攻(やまだ・こう)

学部学科 スポーツ健康科学部4年
出身高校 学法石川高校(福島県) 
5000m記録 14分28秒49
10000m記録 29分47秒14
ハーフマラソン記録 1時間02分42秒

◆№3:金原 弘直(きんぱら・ひろなお)

学部学科 スポーツ健康科学部4年
出身高校 浜松日体高校(静岡県) 
10000m記録 29分24秒56
ハーフマラソン記録 1時間04分58秒

◆№4:小林 聖(こばやし・あきら)

学部学科 スポーツ健康科学部4年
出身高校 前橋育英高校(群馬県)
10000m記録 30分13秒15
ハーフマラソン記録

◆№5:吉岡 幸輝(よしおか・こうき)

学部学科 スポーツ健康科学部4年
出身高校 白石高校(佐賀県)
10000m記録 29分48秒81
ハーフマラソン記録 1時間07分32秒

◆№6:難波 皓平(なんば・こうへい)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 専修大松戸高校(千葉県)
10000m記録 29分37秒96
ハーフマラソン記録 1時間04分45秒

◆№7:藤曲 寛人(ふじまがり・ひろと)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 加藤学園高校(静岡県)
10000m記録 29分24秒92
ハーフマラソン記録 1時間05分02秒

◆№8:小畠 隆太郎(こばたけ・りゅうたろう)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 鎮西学院高校(長崎県)
10000m記録 29分47秒15
ハーフマラソン記録 1時間07分48秒

◆№9:野田 一輝(のだ・かずき)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 西京高校(山口県)
10000m記録 28分52秒39
ハーフマラソン記録 1時間03分43秒

◆№10:鈴木 雄人(すずき・ゆうと)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 浜松日体高校(静岡県)
10000m記録 30分03秒14
ハーフマラソン記録 1時間05分30秒

◆№11:橋本 龍一(はしもと・りゅういち)

学部学科 スポーツ健康科学部3年
出身高校 法政大学第二高校(神奈川県)
10000m記録 28分59秒32
ハーフマラソン記録 1時間03分46秒

◆№12:野口 雄大(のぐち・ゆうだい)

学部学科 スポーツ健康科学部2年
出身高校 市立柏高校(千葉県)
10000m記録 29分47秒95
ハーフマラソン記録

◆№13:清水 颯大(しみず・そうだい)

学部学科 スポーツ健康科学部2年
出身高校 洛南高校(京都府)
10000m記録 29分02秒47
ハーフマラソン記録 1時間07分05秒

◆№14:澤藤 響(さわふじ・ひびき)

学部学科 スポーツ健康科学部2年
出身高校 秋田工業高校(秋田県)
10000m記録 29分56秒14
ハーフマラソン記録

箱根駅伝2019予選会・順天堂大学メンバーの記録や特徴・出身高校|まとめ

今回は「箱根駅伝2019予選会!順天堂大学メンバーの記録や特徴・出身高校も」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

順天堂大学のエースの塩尻和也選手は、今年のアジア大会3000m障害で銅メダルを獲得するなど、絶えず前進を続け力をつけてきています。山の神を目指す山田攻選手も加え、2人のエースの存在はやはり他大学にも脅威でしょうね。多くの大会に出場し場慣れしていることもメンタルに影響するように思えますので、記録共々楽しみです。

順天堂大学といえば、多くのマラソンランナー、メダリストを輩出した大学なので、個人的にも再び箱根での活躍を期待したいところです。10月13日の予選会に向けて猛練習をしてきた彼らの走りをしっかり見届けましょう!

では、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください