全日本大学駅伝2018!東洋大学エントリーメンバーの特徴や出身高校

スポンサーリンク







2018年11月4日(日)に開催される第50回全日本大学駅伝対校選手権大会まで、あと12日となりました。青山学院大学の、史上初2度目の大学駅伝3冠を阻止することが出来る大学はあるのか?と、注目が集まっている中で、やはり外せないのは東洋大学ですよね。

先日の第30回出雲駅伝では東洋大2位という成績でしたが、5区と6区で見事な追い上げを見せ、1位独走だった青山学院を苦しめました。この時の展開次第ではレースが大きく変わる可能性はあったと思います。

さて、そんな東洋大学の全日本大学駅伝エントリーメンバーがこの程公開されました。

出雲駅伝とは特徴が大きく異なる全日本。エントリーメンバーにも違いが出ているのでしょうか?気になりますね。早速「全日本大学駅伝2018!東洋大学エントリーメンバーの特徴や出身高校」と題してお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2018・東洋大学エントリーメンバーと特徴

 

View this post on Instagram

 

ゆうたさん(@gr_running10)がシェアした投稿

全日本大学駅伝2018・東洋大学エントリーリスト

第50回全日本大学駅伝の、東洋大学エントリーメンバーは以下の通りです(記録は東洋大学陸上競技部HP記載のものH30.10.1現在)。

選手名 学年 2017全日本 2018出雲 10000m記録
1 小笹 椋 4年 7区 4区 29分12秒05
2 中村 拳梧 4年 補欠 30分27秒92
3 山本 修二 4年 4区 3区 28分50秒64
4 相澤 晃 3年 1区 1区 28分17秒81
5 今西 駿介 3年 補欠 5区 29分43秒11
6 定方 駿 3年 補欠 補欠 30分08秒92
7 渡邉 奏太 3年 2区 28分59秒77
8 浅井 崚雅 2年 6区 29分35秒80
9 大森 龍之介 2年 補欠 30分48秒89
10 田上 建 2年 29分45秒56
11 西山 和弥 2年 3区 2区 28分44秒88
12 吉川 洋次 2年 8区 6区 28分53秒51
13 鈴木 宗孝 1年 エントリー 29分17秒89

※赤字:区間賞

全日本大学駅伝2018・東洋大学エントリーメンバーの特徴

東洋大学は、昨年の全日本出場メンバーが3年生以下で構成されていたということで(これだけでもすごいのですが)、経験者が8名いるのは大きいですね。しかも、当時2年生だった相澤選手はこの時1区で区間賞を受賞しています。そして今年の全日本メンバーは、前年度経験者のうち7名に出雲エントリーメンバーが加わった格好になっていますね。

前年度経験者である中村駆選手(3年)が入っていないのが気になりますが、10000m記録は29分20秒87ということで決して他に引けを取りません。ただ、中村駆選手はどちらかというと長距離よりも短距離の方が強いことと、他のメンバーもどんどん力をつけてきていることの表れなのでしょう。

例えば中村拳梧選手(4年)は、9月29日の十日町長距離カーニバルで29分台を記録し、10000mの自己ベストを更新しています。この土壇場で自己ベスト更新した実績から、伸びしろを期待されての起用かもしれません。また、6月に開催された男鹿駅伝では田上建選手(2年)が 区間1位、人生初の駅伝で大記録をマークし注目を集めた鈴木宗孝選手(1年)が区間2位を記録するなど、次々と頭角を現してきています。

もちろん、エースで箱根3区区間賞を受賞した山本修二選手(4年)、次期エース候補の相澤晃選手も注目の選手ですが、極端に飛びぬけた「大エース」が居ないのも東洋大の特徴といえば特徴かもしれません。ただ、駅伝は大エースが居れば優勝できるものでもないんです。そして東洋大の酒井監督は、大エースがいなくても戦う方法を知っていると言います。その采配が最後の鍵になるのでしょうね。

全日本大学駅伝2018・東洋大エントリーメンバーの記録や出身高校は?

◆№1:小笹 椋(コザサ・リョウ)

学部学科 経済学部3年
出身高校 埼玉栄高校(埼玉県) 
5000m記録 14分15秒23
10000m記録 29分12秒05
ハーフマラソン記録 1時間04分14

◆№2:中村 拳梧(ナカムラ・ケンゴ)

 

View this post on Instagram

 

Miyagaki Uraraさん(@miyagakiurara)がシェアした投稿

学部学科 経済学部4年
出身高校 八戸学院光星高校(青森県) 
5000m記録 14分25秒09
10000m記録 30分27秒92
ハーフマラソン記録 1時間03分17秒

◆№3:山本 修二(ヤマモト・シュウジ)

学部学科 経済学部4年
出身高校 遊学館高校(石川県) 
5000m記録 13分56秒49
10000m記録 28分50秒64
ハーフマラソン記録 1時間02分56秒

 

◆№4:相澤 晃(アイザワ・アキラ)

学部学科 経済学部3年
出身高校 学法石川高校(福島県)
5000m記録 13分40秒98
10000m記録 28分17秒81
ハーフマラソン記録 1時間02分05秒

◆№5:今西 駿介(イマニシ・シュンスケ)

学部学科 経済学部3年
出身高校 小林高校(宮崎県)
5000m記録 14分08秒91
10000m記録 29分43秒11
ハーフマラソン記録 1時間03分42秒

 

◆№6:定方 駿(サダカタ・シュン)

学部学科 理工学部3年
出身高校 川棚高校(長崎県)
5000m記録 13分34秒83
10000m記録 30分08秒92
ハーフマラソン記録 1時間04分52秒

◆№7:渡邉 奏太(ワタナベ・ソウタ)

学部学科 経済学部3年
出身高校 吉原工業高校(静岡県)
5000m記録 13分43秒71
10000m記録 28分59秒77
ハーフマラソン記録 1時間03分09秒

◆№8:浅井 崚雅(アサイ・リョウガ)

学部学科 経済学部2年
出身高校 一関学院高校(岩手県)
5000m記録 14分14秒35
10000m記録 29分35秒80
ハーフマラソン記録 1時間03分37秒

 

◆№9:大森 龍之介(オオモリ・リュウノスケ)

学部学科 経済学部2年
出身高校 佐野日大高校(栃木県)
5000m記録 13分54秒25
10000m記録 30分48秒89
ハーフマラソン記録

 

◆№10:田上 建

学部学科 ライフデザイン学部2年
出身高校 九州学院高校(熊本県)
5000m記録 14分24秒38
10000m記録 29分45秒56
ハーフマラソン記録 1時間05分05秒

◆№11:西山 和弥(ニシヤマ・カズヤ)

学部学科 総合情報学部2年
出身高校 東農大二高校(群馬県)
5000m記録 13分46秒95
10000m記録 28分44秒88
ハーフマラソン記録

◆№12:吉川 洋次(ヨシカワ・ヒロツグ)

学部学科 ライフデザイン学部2年
出身高校 那須拓陽高校(栃木県)
5000m記録 14分15秒73
10000m記録 28分53秒51
ハーフマラソン記録 1時間03分48秒

◆№13:鈴木 宗孝

学部学科 経済学部1年
出身高校 氷取沢高校(神奈川県)
5000m記録 14分30秒12
10000m記録 29分17秒89
ハーフマラソン記録

全日本大学駅伝2018・東洋大学エントリーメンバーの特徴・出身高校|まとめ

今回は「全日本大学駅伝2018!東洋大学エントリーメンバーの特徴や出身高校」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

全日本大学駅伝は、愛知県の熱田神宮~三重県の伊勢神宮まで8区間(106.8km)、1区間の距離は最短で9.5km(1区)、最長で19.7km(8区)と平坦ながらも距離が長いコース設定になっているため、各大学とも選手層の厚さが求められます。

しかし、飛びぬけた選手ばかりが活躍するとは限らないのが駅伝。そして大学駅伝は、何が起こるかわからない。それが醍醐味でもあるわけですが、東洋大学は基礎力がしっかりありつつ、どう化けるかわからない面があって興味深いです。特にエースの山本選手が、その力をどこまで伸ばしていけるか?相澤選手は次期エースとしての働きを見せてくれるのか?といったところはしっかり見ていきたいですね。また、来年以降のことを考えると1,2年の活躍も期待したいところ。ここはやはり鈴木選手がキーマンになりそうですが、果たしてメンバーに選ばれるかどうか?楽しみにしたいと思います。

では、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください