佐渡国際トライアスロン2018結果速報!優勝タイムや完走率は?

スポンサーリンク







2018年9月2日(日)は佐渡国際トライアスロン大会が開催となりました。

天候にも恵まれ、前日にはアジア競技大会男子日本代表が金メダルという快挙を成し遂げた翌日の開催とあって、アスリートのみなさんも気持ち高ぶるレースだったかもしれませんね。

参加した方は既にご存知でしょうが、佐渡国際トライアスロンは過酷なことで知られる一方で、その景色の美しさや街の方々の優しい対応で人気の高いトライアスロン大会です。

特徴と言えば、日本一長くてアップダウンの激しいコースで、しかも制限時間が短いことにありますが、10年前に比べれば完走率は上がってきています。かつては熱中症に対する意識が低かったこともあり、完走率が下がる要因となっていたのかもしれませんね。

ということで、前置きが長くなりましたが今回は”佐渡国際トライアスロン2018結果速報!優勝タイムや完走率は?”と題して、大会リザルトを中心にお送りしていこうと思います!

スポンサーリンク

佐渡国際トライアスロン2018結果速報と優勝タイム

トライアスロンイメージ

公式の速報より、各10位までの総合記録をまとめました。

◆Atype (Swim 3.8km/ Bike 190km/ Run 42.2km/ Total 236km)

順位選手名年齢区分ゼッケン№総合記録
1西内 洋行40-44歳男子100210:01:52
2原田 雄太郎35-39歳男子100410:15:44
3岩渕 努30-34歳男子105910:21:51
4谷 新吾50-54歳男子100510:22:03
5秋葉 憲幸 45-49歳男子 141610:23:15
6星 秀明45-49歳男子134010:24:23
7嶋 雄介35-39歳男子108810:25:38
8矢口 栄司45-49歳男子139810:37:14
9谷口 滋彦30-34歳男子 104710:40:01
10遠藤 吉文 40-44歳男子 128410:41:33

◆Btype (Swim 2km/ Bike 105km/ Run 20km/ Total 127km)

順位選手名年齢区分ゼッケン№総合記録
1久保埜 一輝25-29歳男子30015:01:59
2丸田 聡35-39歳男子30965:10:50
3後藤 謙仁35-39歳男子31215:12:54
4新井 慎一郎50-54歳男子30025:13:28
5土田 洋平 35-39歳男子31465:18:01
6山本 明宜25-29歳男子30035:19:14
7鬼澤 秀和40-44歳男子30045:21:00
8遠藤 直哉40-44歳男子31625:25:02
9田中 友歩30-34歳男子30665:28:09
10早川 誠 35-39歳男子 31435:30:39

◆日本選手権・男子 (Swim 2km/ Bike 105km/ Run 20km/ Total 127km)

順位選手名ゼッケン№総合記録
1戸原 開人84:32:35
2山本 良介14:43:08
3井辺 弘貴124:47:16
4髙濵 邦晃24:58:46
5榊原 佑基 45:02:45
6高橋 正俊115:03:05
7フェラーリ シモン145:04:36
8近藤 高弘205:09:52
9浅海 健太105:10:21
10多賀谷 光155:10:52

◆日本選手権・女子 (Swim 2km/ Bike 105km/ Run 20km/ Total 127km)

順位選手名ゼッケン№総合記録
1西岡 真紀35 5:18:22
2稲葉 明子395:22:55
3細川 江梨子315:23:55
4一本松 静香345:41:24
5福田 慶 385:47:37
6滝川 陽希375:50:22
7石田 凪帆325:56:02
8近石 敬子336:00:32
9市川 愛唯406:01:34
10八代 純子416:13:00

◆Rtype (Swim 2km/ Bike 105km/ Run 20km/ Total 127km)

順位チーム名ゼッケン№総合記録
1佐渡ガス&静岡ガス90304:58:09
2Team Watson90724:59:30
3TEAMもりぞうMFD90715:08:24
4On90125:20:00
5新潟県庁トライアスロンクラブA90785:45:28
6SKRUN ロングハウスプロジェクト90095:49:38
7チームSAS90665:55:19
8ンジャメナ・キンシャサ支店新潟県労働金庫91045:56:19
9TeamAfterYou(やはたの里)90646:02:53
10TRY90756:05:27

佐渡国際トライアスロン2018完走率|まとめ

2018年から基準が厳しくなったという声もあるので、そのせいでしょうか?

Aタイプでは昨年83%だった完走率が、今年は大幅に下がり76%になっています。Bタイプに及んでは昨年98%のところ今年は89%という結果。唯一選手権のみ完走率が上がっていますが、その他は全て下がっていました。

2018年完走率

◆ATYPE:795名完走/1048名参加 完走率76%

◆BTYPE:747名完走/836名参加 完走率89%

◆選手権: 33名完走/35名参加 完走率94%

◆RTYPE:94名完走/104名参加 完走率90%

※昨年との比較

ATYPE BTYPE 選手権 RTYPE
2017年 84% 98% 88% 93%
2018年 76% 89% 94% 90%

佐渡国際トライアスロンは例年約85%の完走率と言われていましたが、今年の完走率は過去最低の75%(2002年大会)に続く記録です。2002年はフェーン現象で気温が上昇したことが要因と言われていますが、今年の要因は何だったのでしょう。今回のように極端に記録が落ち込んだ場合は、しっかり検証して欲しいところですね。

選手のみなさんは本当にお疲れ様でした!

以上、今回は「佐渡国際トライアスロン2018結果速報!優勝タイムや完走率は?」と題し、佐渡国際トライアスロンの結果速報をお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください