嵐の活動休止理由!期間は無期限=解散?その決断の裏には一体何が?

スポンサーリンク







本日衝撃のニュースが飛び込んできました!

2020年12月31日をもってジャニーズの人気アイドルグループ「嵐」が活動休止することを電撃発表しました。20周年を記念する5大ドームツアーでは追加公演を決定するなど、まだまだ活動の幅を広げると思われた彼らが、ファンクラブサイトに5人の動画メッセージを投稿したというのです。

嵐に関しては”仲がいい””ケンカもしたことがない”ということで有名でしたが、なぜ活動休止という決断をしたのでしょう?

実は昨年あたりから、嵐の解散についてはまことしやかに噂されていたのです。そこには彼らが語らず心にしまっていた感情が見え隠れしていました。

ということで、今回は「嵐の活動休止理由!期間は無期限=解散?その決断の裏には一体何が?」と題して記事と書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

嵐の活動休止理由は何か?

昨年から嵐の解散が噂されていた背景には、櫻井翔さんのポロリ発言と、二宮和也さんのラジオ番組での発言がありました。

昨年11月頃、櫻井さんは慶応大学時代の仲間と銀座で飲みに行った際に饒舌になり「嵐はもう解散する」という発言をしたというのです。その数日後、二宮さんがラジオ番組『Bay Storm』(bayfm)で「ケンカして仲直りするのは自分の中ではない」という発言をして、2人の関係性にヒビが入ったのかも?という憶測でした。

しかし、それ以前に活動休止理由として考えられることっていくらでもありますよね。ネットの声を拾ってみると以下のような感じです。

  • メンバーで結婚する人が出てきた
  • メンバーの方向性の問題
  • アイドルとしての限界を感じ始めたのでは?
  • 先輩であるSMAPの解散の影響
  • 後輩へバトンを譲るのかな?
  • 最近のジャニーズ脱退祭り(負の要素)を回避したいのでは?

嵐メンバーの結婚

まず、ここが一番の原因とみる人が多いですよね。二宮和也さんは昨年伊藤綾子さんと結婚間近と報道されたばかり、そして松本潤さんは10年以上もつき合っている井上真央さんとの結婚が秒読みのまま延期されている状態です。また、相葉雅紀さんも昨年一般女性との恋の噂があり、こちらも結婚したいという思いを吐露しています。

同じ時期に一度に結婚するのはアイドルとしても打撃ですし、かといってどちらもあまり悠長に結婚を延ばしていいような年齢でもない(お相手も然り)。これは事実の裏付けもあるので信ぴょう性はありますよね。

かつてジャニーズは1グループ既婚者1名のみとか噂されていましたが、V6のように複数メンバーがいる例も出てきましたので実力のあるグループに関してはもはや適用しないと考えていいでしょう(若手の場合は相当上層部から脅されるらしいですが)。ですが、タイミング的に同時期とかは・・キツイですよね。

でも、恐らく本当の理由は次の項目なんです。

嵐メンバーの方向性の問題

今回の活動休止にあたり、言い出しっぺは大野智さんみたいなんです。

「17年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと。その後、メンバーひとりひとりと何度も話しました。5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止させていただく結論にいたりました」

どうも大野さん、個人的にやりたいことがあるようです。

もともと大野さんは嵐としての自分に違和感を感じている人だったので、アイドル活動を卒業して自分の本当にやりたいことに専念したいという気持ちがあってもおかしくないんですよね。2017年からということですから、最初は船舶免許を取ってそちらにのめり込んでいるような感じなのでそっち方面かと思ったのですが、ちょっと違うのかもしれません。

櫻井さんもニュースキャスターや音楽番組のMCとして安定的に仕事をしており、二宮さんも映画『検察側の罪人』で第43回報知映画賞助演男優賞を受賞したばかりですが、相葉さんや松本さんはバラエティやドラマ、CMで活躍しているものの、嵐としての活動に重きを置いている印象があります。なので全面的に賛成したとは思えませんが、他にも理由となりそうな事項はあるんですよね。

嵐のアイドルとしての限界・SMAPの影響

そもそも私が個人的に気になっていたのは、櫻井翔さんが「嵐にしやがれ」の個人企画などで、自分の時間がなく心身共に疲れ切った映像がよく流れていたこと。ニュースキャスターとしても確固たる地位で安定的に仕事をこなしながら、バラエティや音楽番組のMC、ドラマなども並行してやってのけている今の状態が既にオーバーワークじゃないかと。実際、櫻井さんが疲れている時は二宮さんがMCを代わるようにしている、と発言していたこともあり、これはメンバーも認識していることだと思います。

嵐としてのツアーも体力的に辛くなってきているんじゃないかと思うんですよね。これはメンバー全員に言えることですが。

また、滝沢秀明さんの引退やSMAPの解散騒動を見ると、今後のことを懸念したことは容易に想像がつきますよね。大野さんを無理に引き留めてやりたいことをやることが出来ない状態が続けば、いつか不満はSMAPの解散劇の二の舞になってしまいそうです。

逆に嵐はそういう意味で、ちゃんと話し合うことの出来るグループだったということではないでしょうか。

後輩へバトンを譲る・ジャニーズの脱退祭りの回避

若手の台頭、特にキンプリことking&princeの名が挙げられていましたが、正直これはないだろうと・・。というか、まだ彼らは嵐のサポートが必要そうです。もう少し人気が安定したグループがいれば「後輩にバトンを」と思えるはずですが、NEWSは小山 慶一郎さんの休業や手越祐也さんの報道が問題になっており、関ジャニは渋谷すばるさんの事務所退所、Hey!Say!JUMPの痴漢騒動・・。なかなか安定したグループはいそうにありません。

こういった文春砲の餌食となったスキャンダルの連続に、嵐が巻き込まれたら壊滅的被害を被る(ということは何かネタがあるということになりますが)ためにさっさと活動休止(解散)を・・という発想でしょうか。あるとしたら相当ヤバイですが、だとしたら嵐の活動云々じゃなく事務所を退所しないといけないレベルのような気がしますよね。

嵐の活動休止理由・まとめ

ということで、「嵐の活動休止理由!期間は無期限=解散?その決断の裏には一体何が?」と題してお送りしてきましたがいかがでしたか?

大野さんが活動休止の言い出しっぺということは確かなようなので、今後の大野さんの活動に注目したいところです。バラエティ番組「嵐にしやがれ」では大野さんの嗜好が結構前面に出るので、何かヒントがあるかもしれませんが。

ただ、活動休止の期限を設けていないことから「事実上解散」ということになるのでしょうが、活動再開の可能性もちゃんと残してくれているということでもあります。やりたいことが落ち着いてまた活動を始めたいと思ってくれたり、再開とはいかないが何かの節目に一時的に再結成という活動は充分あり得ることですからね。

その可能性を大事に胸に抱き、彼らがやりたいことがあるのであればそれを応援してあげたい・・そういうファンの声が多かったのも事実です。

穏やかで優しい嵐のメンバーに応えてくれるファンの思いを、彼らにも知っておいて欲しいですね。

では今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください