箕面大滝の紅葉2018!見頃とライトアップ・駐車場や混雑具合も!

スポンサーリンク







11月に入り、そろそろ木々の葉が色づいてきました。昨年までは暑い日から一気に冬に入るパターンが多かったのですが、今年は涼しくなったり暑さがぶり返したり、秋が長い気がします。寒暖の差が激しいと紅葉、特に赤い葉がキレイに色づくといいますから、結構期待できそうですよね。

ということで、今回は箕面の紅葉についてまとめた記事、題して「箕面大滝の紅葉2018!見頃とライトアップ・駐車場や混雑具合も!」をお送りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

箕面大滝の紅葉2018|基本情報

正式名称 箕面滝(みのおたき)
住所 〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園2 箕面市 箕面公園
公式HP http://www.mino-park.jp/
アクセス 【電車】阪急箕面線「箕面駅」下車
【バス】北大阪急行線「千里中央駅」から阪急バス(11番停留所)→ 「箕面」(箕面駅前)下車
箕面駅前から公園入口(一の橋)まで歩いて5分、箕面大滝までは歩いて約40分(一般車両乗り入れ禁止)

※箕面公園は昨年と今年の台風で滝道・山道が甚大な被害を受け現在も復旧中ですが、2018年11月1日~紅葉シーズンに合わせて一時的に通行止めを解除しています。ただし、舗装が追い付いていない箇所もあり、足元が悪いこともありますのでしっかりとした靴を履く、夜間は懐中電灯を持参するなどして行くことをおすすめします。

箕面大滝の紅葉2018|見頃はいつ?

先週段階では11月22日頃が見頃と予想されていましたが、少し色づきが遅れがちのようですね。11月14日現在は、見頃が11月28日にずれこんでいます。つまりほとんど月末、12月になっても見頃は続くとみていいでしょう。といっても箕面公園は広いですから、場所によって色づきは異なります。少し早い段階でも色づいているスポットはありますし、まだ緑の残っている美しい様を堪能しながら散策するのも良いのではないでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

tomoya ishikawaさん(@98tomo98)がシェアした投稿

箕面大滝の紅葉2018|ライトアップはある?いつまで?

 

View this post on Instagram

 

minoh- cyclingさん(@minohcycling)がシェアした投稿

箕面大滝では毎年ライトアップが恒例になっています。

が、今年のライトアップは11月11日までなので、見頃の時期にはライトアップされないことになります。それでも昨年はライトアップがなかったようなので、今年は台風被害から復旧を急いでいるにもかかわらず、かなりの努力をされていることが伺えますよね。

見頃の時期にライトアップがないのは少し残念ですが、現在はまだ足元が悪い状態で、かつ11月半ばには日没時間が16時台。安全面を考慮しても早めに終了する方が無難だと判断したのかもしれませんね。

箕面大滝の紅葉2018|駐車場や混雑具合は?

 

View this post on Instagram

 

TaeYoun Sungさん(@taeyoun_matthew)がシェアした投稿


箕面大滝は、関西でも有名な紅葉スポットなので結構混雑します。また、海外からの観光客も多いようです。なので、車でお越しになる方は駐車場にたどり着く前から渋滞が予想されます。渋滞回避、駐車場確保のためには、朝早めにお出かけになった方が良いでしょう。

なお、箕面公園内・滝道には駐車場がありませんので、周辺の駐車場を利用する形になります。次に周辺の駐車場をいくつか掲載しておきます。

◆大日駐車場

住所 大阪府箕面市箕面1656付近
収容台数 70台
営業時間 平日9:00~17:00/土日祝8:00~17:00
※平成30年10月27日(土)~12月9日(日)までの期間は紅葉シーズンのため有料営業となります。
駐車料金 普通車1回1000円

箕面大滝周辺にある駐車場は、大滝から徒歩10分のところにある大日駐車場だけですが、同時に最も混みやすい駐車場です。収容台数も70台ですので、結構満車になるのは早いと考えていいでしょう。

他にも箕面駅前に駐車場がいくつかあります。箕面駅前第1駐車場・第2駐車場は台数が200以上あり、24時間営業・1日最大1600円(100円/30分)とお得なのでこちらもおすすめです。

ただ、シーズン中はあっという間に満車となることもあるようです。心配な方は事前予約できる駐車場レンタルサービスという手もありますのでご参考まで↓↓

箕面大滝の紅葉2018|見頃やライトアップ・駐車場や混雑まとめ

今回は「箕面大滝の紅葉2018!見頃とライトアップ・駐車場や混雑具合も!」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

この夏の台風の影響で復旧が急がれる箕面公園ですが、ここだけに留まらず西日本では多くの山林の木々が倒れ、紅葉に影響が出ているといいます。

というのも、紅葉は木々が折り重なってできる色とりどりの景観が美しいわけですが、木があちこち折れるということは”折り重なる”状態が作られにくいということになります。そのため少し寂しい景観になるのでは、というのが専門家の意見だったのですが、恐らく場所によるところが大きいでしょうね。箕面大滝は大きな山の麓にあり、山がバックになっているのでさほど寂しい印象になることはないでしょう。

木々がまばらであれば、日差しや青空とのコントラストを楽しむこともできます。色々なアングルで写真を撮ったり眺めたりして、今年の紅葉を存分に味わいたいものですね。

では、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください