さくらももこ死去の原因・乳がんはいつから?ちびまる子の放送は?

スポンサーリンク







2018年8月15日午後8時29分に「ちびまる子ちゃん」の作者で知られる、さくらももこさんが亡くなっていたことがわかりました。まだ53歳という若さでした。

原因は乳がんだったということです。実は私、さくらももこさんが「りぼん漫画スクール」で常連だった頃から知っていました。強烈な印象があり、編集部から絶賛の嵐で衝撃的なデビューを迎えた方でしたね。

今回はデビュー前のさくらももこさんの思い出とともに、速報、”さくらももこ死去の原因・乳がんはいつから?ちびまる子の放送は?”と題して記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

さくらももこさんはいつから乳がんになっていたのか?

さとこさん(@3toco_y)がシェアした投稿


突然の訃報に驚きましたが、さくらももこさんはいつから乳がんになっていたんでしょうか。

2016年に開始した「ちびしかくちゃん」の連載はまだ続いており、新刊も出たところ。乳がんの治療に専念して仕事を休むことをしていなかったのは、なぜなのでしょう?

考えられるのは、乳がんの発見が遅かったこと。

もうひとつは、乳がんの治療をしながら仕事を選んで命がけで描いていたということ。

なんとなくですが、後者のような気がしますよね。それか、どちらもあったのか。

2014年に漫画家30周年を迎えたさくらももこさんは、「作家としてとても幸せな月日を送らせて頂います。感謝にたえません。」と語り、作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していたといいます。

その気持ちを考えると、命がけで描いていたとしてもおかしくないと思うからです。

さくらももこの死去後ちびまる子ちゃんのテレビ放送は?

毎週テレビで「ちびまる子ちゃん」を楽しみにしている方は、ちょっと心配されていますかね?

でも、追悼の意味も込めて特番を組むことはあっても、打ち切りにはなりません。だって、サザエさんが続いてることを考えたらお判りですよね。

先日、まる子のお姉ちゃんの声優をされていた、水谷優子さんも2年前、乳がんで亡くなっています。そして西城秀樹さんは今年の5月、うっ血性心不全で亡くなりました。「ちびまる子ちゃん」の関係者が次々と亡くなり、本当に寂しいですね・・。

まる子の声優をされているTARAKOさんも、さくらももこさん死去の知らせを受け、「頭の中がぐちゃぐちゃ」で、ずっと先生に会えていなかったこともあり、とてもショックを受けているとのこと。当然ですよね。TARAKOさんは、まる子役が当たり役となってずっと演じ続けているんですから。

さくらももこは一度離婚し再婚していた!現在の旦那や息子は?

さくらももこさんは、かつて編集者の男性と結婚していたものの、あまりの亭主関白ぶりに我慢ができず離婚しています。その時にもうけた息子さんも、一般人なのであまり情報はありませんが、今は成人しています。

さくらももこさんは、その後イラストレーター「うんのさしみ」さんと再婚しています。

うんのさしみさんのイラストは独特ですが、あまり知られてませんよね。どちらかというとさくらさんの稼ぎで十分やっていけるでしょうし、心理的に負担にならずいいパートナーであるだけで良かったのかもしれませんね。

というか、前夫が金遣いが荒くて女遊びもする人だったらしいので、さくらももこさんは結構苦労したらしいんです。売れっ子漫画家の女性は、旦那に稼ぎ云々期待してませんからね。ただ心の支えになってくれるだけで十分なのかもしれません。

さくらももこさんは稀代の漫画家・ご冥福を

JUN kunさん(@junstagramu)がシェアした投稿


実は私、さくらももこさんが月刊りぼんの「まんがスクール」に投稿していた時から知っています。圧倒的に高評価を受けいて、指摘は「ふきだしの大きさがちょっと小さい」くらいでダメ出しが殆どなかった。当然トップの賞を取っていて、これまでにない漫画のタッチに驚いた記憶があります。(確かデビュー作「教えてやるんだありがたく思え!」の内容だったと思います。)

なので、「ちびまる子ちゃん」が大ヒットした時も結構なショックを受けました。というのも、当時としては少女漫画にあまりないタイプの作品で、私は正直受け入れ難かった。あるあるネタが中心で、絵柄的にも少女漫画「りぼん」掲載である必要がどこにある?みたいな。

ところがこれが国民的大ヒットとなったわけですよ。

あるあるネタってのも、世代や性別を超えて受け入れやすい内容だったのと、昔ながらの家族の形が描かれているのが良くて、温かくて新しいファミリーまんがの到来と謳われた。

そしてあれよあれよという間に神様の座についてしまった(ように思えた)さくらももこさん。彗星のように現れた天才だったんですよね。

でも人生を倍速で生きて、それこそ彗星のようにあっという間に逝ってしまった。

さくらももこさん死去のニュースを聞いて、ああ追いつけない存在なんだなあと、改めて凡人の私は思うわけですよ。最初から最後まで。ただただスゴイ。憧れる存在です。

ただ、ちびまる子ちゃんは生き続けています。あの小学生のままで、みんなに愛されながら。さくらももこさん、まる子ちゃんを産んでくれてありがとう。

そして、お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

素敵な世界を見せてくれて、本当にありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください