ふたご座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも

スポンサーリンク







いよいよ今年も最後の月、12月となりましたが、年末年始は年間三大流星群(1月のしぶんぎ座流星群・8月のペルセウス座流星群・12月のふたご座流星群)のうち、ふたつが見られる時期でもあるんです。

中でも、毎年12月に見られる”ふたご座流星群”は、最大級の流星群で出現率はペルセウス座流星群に迫る勢いと言われています。今年の条件は比較的良好ということなので、楽しみですね。

しかも今年の極大日は週末なので、心置きなく天体観測に没頭することだってできます。比較的どこでも見やすい流星群ではありますが、奈良県内でおすすめの観測ポイントも調査してみましたので、併せてご案内したいと思います。

ということで、本日は”ふたご座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも”と題してお送りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2018年の見える方角や時間は?

まずは「ふたご座」はどこにある?というところから簡単にご紹介していきましょう。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


「ふたご座」は冬を代表する星座です。

ふたご座は有名なオリオン座と同じ頃に東から昇り始めます。冬の大三角形(オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座)の近く、ふたつ仲良く並んでいる2等星のカストル・1等星のポルックスを探してみましょう。ふたご座のカストルは双子の兄、ポルックスが弟の星です。

次にふたご座流星群について。

ふたご座の兄・カストルの近くが輻射点(放射点ともいう)で、ここから放射状に流星が見られます。ふたご座流星群は12月5日頃~20日頃出現しますが、ピークは12月13日(木)の夜・14日(金)の夜、2回あると思われます。

極大時期は12月14日(金)21時頃ですが、月明りの影響もありますので、月の沈んだ夜半以降が見頃と言えるでしょう。もちろん極大の21時であっても、月明かりが視野に入らないよう東側を見るようにすれば、大きな影響はないでしょう。

ふたご座流星群の母天体は、小惑星・(3200)ファエトン。かつては彗星だった小惑星です。現在は非常に活発に活動しており、毎年1時間あたり20個~30個の出現を見せる流星群です。条件が良ければ50個~60個ということもあるのだとか。

また、このふたご座流星群の流星は、近年満月級の火球や流星痕が観測されるようになってきており、こちらも見どころです。

 

以上をまとめるとこうなります。

ふたご座流星群の観測方角と見頃の時間
  • 方角:東の空
  • 出現期間:2018年12月5日~12月20日頃
  • 極大時期:2018年12月14日(金)21時頃
  • 見頃の日時
    ①2018年12月14日(金)23時頃~夜明け
    ②2018年12月13日(木)日没~14日夜明け
  • 出現量:1時間に40個程度
  • 母天体:小惑星・(3200)ファエトン
  • 月明りの影響:あり(夜半前)

ふたご座流星群2018年を奈良県内で見るならココへ!

奈良県内では、ふたご座流星群を見るのにオススメの場所が2つあります。いずれも奈良県の地域性もあって、高台の駐車場。奈良は、恐らくどこの地域よりも天体観測に適した場所が多いように思えますね。

◆奈良奥山ドライブウェイ駐車場

 

View this post on Instagram

 

遊景の宿 平城【公式】さん(@yu_keinoyadoheijo)がシェアした投稿

名称 奈良奥山ドライブウェイ駐車場・若草山頂駐車場
住所 奈良県奈良市雑司町
TEL 0742-34-1111(奈良奥山ドライブウェイ駐車場)

いわゆる若草山の麓にあたる場所です。

1月に山焼きをすることでも有名ですが、夕景も美しく撮影スポットとしても名所になっています。夕景が綺麗ということは、当然天体観測にも適していますので、奈良の観測ポイントとしては外せませんね。

 

◆生駒山上駐車場

 

View this post on Instagram

 

YOU&MEさん(@5yume_stagram)がシェアした投稿

名称 生駒山上駐車場
住所 奈良県生駒市菜畑町
TEL 0743-74-2173(生駒山上駐車場)

生駒山上遊園地の敷地内の駐車場です。この一帯は山頂である上、ぐるっと見渡す限り高い建物がなく空気が綺麗なので天体観測にはもってこいです。

奈良の観測ポイントは他にもあるのですが、目印になるような建築物がある個所が逆に少なく、こちらはそういう意味では行きやすい場所なのでおすすめです。但し、奈良の夜はかなり冷えますので防寒の用意は忘れずに。

ふたご座流星群2018年の方角・時間と奈良での観測ポイント|まとめ

今回は”ふたご座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも”と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

もう一度簡単に観測する際のポイントをまとめておきますね。

  • 方角:東の空
  • 出現期間:2018年12月5日~12月20日頃
  • 極大時期:2018年12月14日(金)21時頃
  • 見頃の日時
    ①2018年12月14日(金)23時頃~夜明け
    ②2018年12月13日(木)日没~14日夜明け
  • 出現量:1時間に40個程度
  • 母天体:小惑星・(3200)ファエトン
  • 月明りの影響:あり(夜半前)
最近どんどん寒くなってきましたし、夜半にもなると更に寒さは厳しくなってきますので、野外へ観測に行かれる場合は温かい服装でお出かけくださいね。

寒い分空気も澄んで星空もキレイに見える時期でもあります。たくさんの流星を見ることができるよう、今年の極大日は天候に恵まれることを祈っています。

では、本日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください