しし座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも

スポンサーリンク







こんにちは!ペガ子です。
秋になると、様々な流星群が見られ始めます。流星群は三大流星群(1月のしぶんぎ座流星群・8月のペルセウス座流星群・12月のふたご座流星群)の他、小さい規模の流星群がいくつかあるんです。しし座流星群もそのひとつ。2001年には1時間に2000個もの大出現を見せて話題になりましたね。

しし座流星群は毎年11月上旬から下旬にかけて活発になる流星群ですが、現在は2001年程の活動を見せてはおらず1時間に数十個レベルになっています。とはいえ、今年はしし座流星群の観察には条件が良い年でもあります。奈良県内でおすすめの観測ポイントも調査してみましたので、併せてご案内したいと思います。

ということで、本日は”しし座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも”と題してお送りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

しし座流星群2018年の見える方角や時間は?

まずは「しし座」はどこにある?というところから簡単にご紹介していきましょう。

 

View this post on Instagram

 

shikaさん(@shika_anime2018)がシェアした投稿


「しし座」は基本的に春の星座として有名ですよね。東から昇り始めるときは尾っぽを下に、頭を上にした状態で地上に現れます。よく言われるのが、「?」マークを裏返しにしたような形という表現。1等星のレグルスが「?」マークの「・」の部分になります。見つけにくい場合は、まず北斗七星(おおぐま座)を見つけて、かみのけ座を辿っていくといいかもしれません(上の3枚目画像を参照)。

ただ、今は秋なので春の星座が見れる空ではありません。しかし冬の星座なら、真夜中にその姿を現します。今の時期ですと、夜間0時頃から東の空から上り、南に向かって動きますのでその辺りを探してみましょう。

次にしし座流星群について。

獅子の喉元あたりに輻射点(放射点ともいう)があり、ここから放射状に流星が見られます。しし座流星群そのものは、11月5日頃から11月25日頃まで見ることができます。毎年極大時期は異なりますが、今年は11月18日(日)がそれにあたります。

しし座流星群の母天体は、テンペル・タットル彗星。しし座流星群は歴史が古く世界中でも観測されている星座で、2001年に大出現し火球も観測されました。しかしここ最近はあまり活発な動きは見せておらず、十数個程度に落ちています。2001年並みに次回大出現するのは7、80年後になるようなので、ちょっと寂しい気もします。

今年のしし座流星群は、11月18日(日)の午前7時頃に極大を迎えるとみられています。といってもこれは夜明け後なので、観測するのであれば月の沈んだ夜半から夜明け前がベストでしょう。

以上をまとめるとこうなります。

しし座流星群の観測方角と見頃の時間
  • 方角:東の空
  • 出現期間:2018年11月5日~11月25日頃
  • 見ごろの時間帯:2018年11月18日(日)1時頃~夜明けまで
  • 出現量:1時間に10~30個程度
  • 母天体:テンペル・タットル彗星
  • 月明りの影響:ほぼなし

しし座流星群2018年を奈良県内で見るならココへ!

奈良県内では、しし座流星群を見るのにオススメの場所が2つあります。いずれも奈良県の地域性もあって、高台の駐車場。奈良は、恐らくどこの地域よりも天体観測に適した場所が多いように思えますね。

◆奈良奥山ドライブウェイ駐車場

 

View this post on Instagram

 

遊景の宿 平城【公式】さん(@yu_keinoyadoheijo)がシェアした投稿

名称 奈良奥山ドライブウェイ駐車場・若草山頂駐車場
住所 奈良県奈良市雑司町
TEL 0742-34-1111(奈良奥山ドライブウェイ駐車場)

いわゆる若草山の麓にあたる場所です。

1月に山焼きをすることでも有名ですが、秋は夕景も美しく撮影スポットとしても名所になっています。夕景が綺麗ということは、当然天体観測にも適していますので、奈良の観測ポイントとしては外せませんね。

 

◆生駒山上駐車場

 

View this post on Instagram

 

YOU&MEさん(@5yume_stagram)がシェアした投稿

名称 生駒山上駐車場
住所 奈良県生駒市菜畑町
TEL 0743-74-2173(生駒山上駐車場)

生駒山上遊園地の敷地内の駐車場です。この一帯は山頂である上、ぐるっと見渡す限り高い建物がなく空気が綺麗なので天体観測にはもってこいです。

奈良の観測ポイントは他にもあるのですが、目印になるような建築物がある個所が逆に少なく、こちらはそういう意味では行きやすい場所なのでおすすめです。但し、秋とはいえ奈良の夜はかなり冷えますので防寒の用意は忘れずに。

しし座流星群2018年の方角・時間と奈良での観測ポイント|まとめ

今回は”しし座流星群2018年の見える方角や時間は?奈良観測ポイントも”と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

もう一度簡単に観測する際のポイントをまとめておきますね。

  • 方角:東の空
  • 出現期間:2018年11月5日~11月25日頃
  • 見ごろの時間帯:2018年11月18日(日)1時頃~夜明けまで
  • 出現量:1時間に10~30個程度
  • 母天体:テンペル・タットル彗星
  • 月明りの影響:ほぼなし
今回おすすめしたのは駐車場なので、万一雨天でも大丈夫かと思いますが、当日は言い天候に恵まれることを祈っています。奈良の空は、晩の流星も夜明けも美しいことでしょうね。

繰り返しになりますが、このところ特に夜間は冷えてきていますので、くれぐれも風邪など引かないように毛布など持参して対策してくださいね!

では、本日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください